売れるWEBコンテンツを作成する3つの秘訣

売れるWEBコンテンツを作成する3つの秘訣

街中には目新しい情報をチェックしようと、スマートフォン画面とにらみ合う多くの人の姿が見られる。膨大な情報が蠢くネット上から、求めていた情報を探し当てられる人は果たして何人いるのか。そして、人の目を惹きつけられるWEBコンテンツを提供するサイトは、一体いくつ存在しているのだろう。

もちろん良質なWEBコンテンツの制作には時間が掛かる。また、すでに数多くの競合サイト同士が“追い抜け追い越せ”の激戦を繰り広げるWEBコンテンツ市場に、新参者が飛び込んでもすぐには太刀打ちできない。しかし、いくつかの秘訣を知っているだけで、今後の戦況を大きく変えることが可能になるかも。そこで今回は、売れるWEBコンテンツを作成する秘訣を3つ紹介しよう。

■明確化されたWEBコンテンツの目的
まずWEBコンテンツの目的としては、PV数を増やすことで収益を増加したり、見込みユーザーを獲得し顧客へと育成することなどが挙げられる。さらに重要なのは、ターゲットとなるユーザーを明確にすること。年代・性別・好み以外にも、ターゲット層の業種や職種などを具体的に決めることで、その後ユーザーが読みそうなコンテンツを容易に想像することができる。ブレないコンテンツの作成は、サイトを大きく成長させる1番の近道だ。

■コンテンツのジャンル分け
毎分毎秒ごとに新しいコンテンツが作成されるネット上において、ネタ切れは命取りと同意儀であり、ネタの良し悪しがコンテンツの価値を決めると言っても過言ではない。コンテンツの未来を担うネタ切れを防ぐためには、コンテンツのジャンル分けが役に立つ。例えば“単発型”と呼ばれる、鮮度がありユーザーに役立つ情報を提供するコンテンツ。長期的な掲載には不向きだが、短期間でユーザーの関心を集められるため、単発型コンテンツ作成から始めるサイトは多い。

ほかには“連載型”のように、1つの大きなテーマを軸に複数回に渡って掲載するコンテンツや、特定の分野で活躍する著名人などの声を掲載した“インタビュー型”といった人気コンテンツなどがある。得意のジャンルを極めるも良し、様々なジャンルを網羅するも良し。気に入ったやり方でコンテンツを作成しよう。

■重要なのはリサーチ力
「敵を倒すには、まず敵を知ることから」とはよく言ったもので、キーワードを入力し検索順位が上位のサイトが、どういったコンテンツを提供しているかのリサーチはとても重要。検索順位で上位に表示されるということは、文字通り人が求めている良質なWEBコンテンツを提供できていることの証明といえる。またネット上でのキーワード検索以外にも、TwitterやfacebookといったSNS上での反響も大事なリサーチ源だ。リサーチの結果から検索数が多かったキーワードは逐一メモしておき、関連する様々な情報と合わせてユーザーが求めるコンテンツの作成を目指そう。

失敗知らずのコンテンツ作り! コンテンツマーケティングを成功に導く

失敗知らずのコンテンツ作り! コンテンツマーケティングを成功に導く

Googleが検索技術を発展させSNSが爆発的に普及したことで、世界的な関心が日々高まっている“コンテンツマーケティング”。日本では現在、消費者が新商品の情報を“ネット検索”から入手する割合がトップを占めており、テレビCMのようなマス広告から情報を入手する人は減少傾向にあるという。

コンテンツマーケティングの第一人者でジョー・ピュリッジも、「顧客が気にするのは自身の欲求やニーズのみ」と語るように、今後は“売り込み型”の宣伝方法が通用しない時代に突入することが暗示されている。時代の波に乗り遅れないためにも、新たなマーケティング戦略を理解することは必須。今では80%以上の企業が、自社の商品やサービスの認知獲得を目的にコンテンツマーケティングに取り組んでいるが、成功するのはほんの一握り。そこで今回は、コンテンツマーケティングを成功に導く3つのコツを紹介しよう。

■コンテンツの充実度とブレない姿勢
コンテンツマーケティングを行う上で欠かせないのは、コンテンツの充実度だろう。ユーザーが興味をもつタイトルの作成から目を引く画像の選び方、有益な情報が満載のクオリティーの高い記事の執筆など、メディア内のコンテンツを充実させるためには、細部にまで気を配る必要がある。またターゲットの特定も必要不可欠であり、ブレないコンテンツ制作が見込みユーザーを自社メディアの顧客へと成長させる近道だ。

■コンテンツは情報量よりもユーザー中心の発想が重要!
質の高いコンテンツを制作するために重要な秘訣は、有益な情報が含まれてるか、ニーズに応えられているかといった、ユーザー目線に立つこと。どれだけ膨大なコンテンツが含まれていようと、特定のユーザー層の興味や関心を引けなければ意味がない。そのためにはユーザー中心の発想をもち、彼らの本質的なニーズとゴールを明確に設定しゴールまでの具体的な過程を描けるかが、コンテンツマーケティングの成功に繋がっている。

■SNSと連動させた仕組みの構築
今では月間20億人近くがfacebookを利用し、また3億人以上がTwitterを利用するなど、SNSが日常生活の一部に。膨大なユーザー数を誇るSNSと連動させることで、自社メディアへ流入する見込みユーザーの増加や、コンテンツのシェア数の伸びしろにも期待できる。SNSがコンテンツマーケティング効果の倍増やファン獲得に一役買ってくれ、収益の増加も見込めるだろう。