「“戯言”をぬかす」は正しく読める? 誤読する人が多い「戯言」の正しい読み方

「“戯言”をぬかす」は正しく読める? 誤読する人が多い「戯言」の正しい読み方

190507_zaregoto_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・戯言

Twitter上で「戯言」を検索すると、「『戯言』が本で出てきたけど読めなかった」「“ギゴン”と読み間違えたら友達に笑われた…」「“ギゲン”としか読み方がでてこない」など間違えて読んでいる人が多くいました。

「戯言」は「タワゴト」と読むのが正解です。「デジタル大辞泉」によると、「たわけた言葉。ばかばかしい話」という意味。他にも「戯れ言」と書く場合は「ザレゴト」と読み、「ふざけて口にする言葉。戯れの言葉」などの表現で使います。漢字は同じでも読み方でニュアンスが変わってくるため、使う時には注意してくださいね。

「戯言」の正しい読み方を知った人からは、「『戯言』と『戯れ言』で読み方も変わるんだ。日本語は奧が深い…」「“タワゴト”って間違えやすい漢字ですね」「今まで『戯言』を読めませんでした」などの声が。読み方と同時に言葉の意味も理解して、「戯言」と「戯れ言」を正しく使いこなしましょう。

“キンス”と読んだ人は要注意! 意外と読めない「均す」の正しい読み方

“キンス”と読んだ人は要注意! 意外と読めない「均す」の正しい読み方

190426_narasu_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・均す

SNS上で「均す」を検索すると、「『均す』って何て読むの? 読み方が難しい」「『均す』って読めそうで読めないよね」「“キンス”以外に何も浮かんできません…」など困惑している人がたくさんいます。

「均す」は「ナラス」と読むのが正解です。「デジタル大辞泉」によると、「高低・凹凸をなくして平らにする。平均する」と記載されていました。補足として「平す」と書く場合も、同じ「ナラス」を意味するとのこと。「グラウンドの土を“均して”から練習する」や「利益を“均して”従業員に分配する」などの表現で使われています。

「均す」の読み方を知った人からは、「『ナラス』って読むのか! 間違えないように気をつけよう」「“キンス”と読み間違えていた人はたくさんいるはず」「『平均』の『均』だから『キン』としか読めなかった」という声が。簡単な文字ですが読み間違える人が多い言葉なので、しっかり覚えておきましょう。

「好事家」を“コウジカ”と読んだ人は要注意! 間違えやすい言葉の正しい読み方

「好事家」を“コウジカ”と読んだ人は要注意! 間違えやすい言葉の正しい読み方

190425_kouzuka_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・好事家

Twitterで「好事家」を検索すると、「“コウジカ”って読んだけど違うのかな」「『好事家』の読み方が分かりません」「“コウジカ”と読んだ人は他にもたくさんいるはず!」など困惑している人がたくさんいました。

「好事家」は「コウズカ」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「物好きな人。また、風流を好む人」と説明されていました。一般的には変わった物を好んだり、集めたりしている人のことを指す言葉です。現代では“オタク”と呼ばれる人に近い表現かもしれませんね。

実際に「好事家」の読み方を知った人からは、「“コウジカ”じゃなくて“コウズカ”って読むのか」「『好事家』の『事』は『ジ』としか読めないよね…」「間違えて読んでいたのでしっかり覚えておきます」などの声が。耳にする機会が少ない言葉ですが、読み間違える人が大勢いた言葉なので注意しましょう。

“地面に蹲る”は正しく読める!? 意外と読めない難読漢字

“地面に蹲る”は正しく読める!? 意外と読めない難読漢字

190424_uzukumaru_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・蹲る

Twitterで「蹲る」を検索すると、「『蹲る』の読み方が分からない。“マタガル”と読んだけど違うのか?」「『樽』と似ているから“オコタル”かと思った」「『蹲る』が読めない…。モヤモヤしてます」など読めない人を多数発見しました。

「蹲る」は「ウズクマル」が正しい読み方です。「大辞林 第三版」によると、「膝を折り、体を丸くしてしゃがむ」「しゃがんで礼をする」という意味。「調子が悪かったので地面に“蹲る”」などの表現で使います。

正しい読み方を知った人からは、「“オコタル”ではなく“ウズクマル”だったのか」「普段から使う言葉だけど読めない人も多いんだね」「言葉の意味は知っているけど漢字は間違えて読んでた」「身近で聞く言葉だけに驚きました」などの声が。“ウズクマル”は他にも「踞る」と書く2通りのパターンがあるため、読む時には注意しましょう。

「雁字搦め」の読み間違えに要注意! 縛られている時に使う漢字の正しい読み方

「雁字搦め」の読み間違えに要注意! 縛られている時に使う漢字の正しい読み方

190423_ganzi_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・雁字搦め

ネット上で「雁字搦め」を検索すると、「『雁字搦め』って何て読むの? 全然分かりません」「“カンジカナメ”と読んだけど違うんだ」「初めて見る漢字です。どんな意味の言葉なのかな…」などの困惑している声が。

「雁字搦め」は「ガンジガラメ」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「ひも・縄などを縦横にいく重にも巻きつけて、厳重に縛ること」「束縛が多くて自由な行動がまったくとれないこと」と説明されていました。「規則に雁字搦めにされる」などで聞いたことのある表現ですよね。

正しい読み方を知った人からは、「こんなに難しい字なんだ…」「『鎖で雁字搦めにする』とかで使っているけど読めなかった」「“カンジカナメ”だと思ったけど違うのか。今度から間違えないようにしよう」「必殺技みたいな読み方ですね」といった声が上がっています。かっこいい響きの言葉ですが、読み間違える人も多いので注意しましょう。

「暖簾」があるお店で働いている人は要注意! 間違えがちな漢字の読み方

「暖簾」があるお店で働いている人は要注意! 間違えがちな漢字の読み方

190422_noren_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・暖簾

ネット上で「暖簾」を検索すると、「一文字ずつは分かるけど、『暖』と『簾』が合体したら読めない」「“ダンレン”と読んだけど間違いだったとは。他にも読めない人がいるはず!」「『暖簾』の漢字だけ見ても分かりません」などの声が多数ありました。

「暖簾」は「ノレン」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」では、「商家で屋号・店名などをしるし、軒先や店の出入り口にかけておく布」「また、それに似た、室内の仕切り・装飾などに用いる布」と説明されています。

「暖簾」の正しい読み方を知った人からは、「『ノレン』が正しい読み方なのか!」「言われてみればしっくりくる」「誰でも知ってる言葉なのに難しい漢字なんだね」「“ダンレン”と読んだけど確かに違うよね」「『暖簾』のあるお店に行ったら漢字を思い出すかも」などの声が。「暖簾」のあるお店で働いている人は特に気をつけたいですね。

似たような漢字が多すぎて分からない! 空から降ってくる「霰」の正しい読み方

似たような漢字が多すぎて分からない! 空から降ってくる「霰」の正しい読み方

190419_arare_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・霰

Twitterで「霰」と検索してみると、「同じような漢字はよく見かけるのに“霰”は読めない…」「霧や雹とかに似てるけど読み方は分かりません」「今まで“ツユ”と読み間違えてた」などの声が多数ありました。

「霰」の正しい読み方は「アラレ」が正解。「デジタル大辞泉」によると、「雲の中で雪に微小な水滴が凍りつき、白色の小さい粒となって降ってくるもの」「雪霰(ゆきあられ)と氷霰(こおりあられ)とがある。気象用語では直径5ミリ未満が霰、5ミリ以上が雹(ひょう)」と説明されています。

正しい読み方を知った人からは、「『アラレ』を読めたら周りに自慢できそう」「『霰』の読みかたを知るまで“ヒョウ”と読んでいたかも…」「『あめかんむり』の字は全部同じに見えてた!」などの声が。他の漢字と見分けがつかないだけに、呼び方には注意しましょう。

「以ての外」を「もってのそと」と読んでない!? 読めないなんて“以ての外”!

「以ての外」を「もってのそと」と読んでない!? 読めないなんて“以ての外”!

190418_moxtute_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・以ての外

SNS上で「以ての外」を検索すると、「“以ての外”ってなんて読むのか分からない。使ったことがない言葉かも」「『もってのそと』と読んだら周りに笑われた」「何て読むんだろう。“いてのそと”かな…」など読めない人がたくさんいる模様。

「以ての外」は「もってのほか」と読むのが正解です。「デジタル大辞泉」によると、「とんでもないこと。けしからぬこと」という意味。他にも「予想を越えて程度がはなはだしいこと」を表現する時に使います。

正しい読み方を知った人からは、「聞いたことがある言葉だったけど、『以ての外』と書くのは知らなかった」「文章で書いたことがなかったかも。今度から漢字で使ってみます」「今まで『もっての他』と書き間違えていた自分が恥ずかしい…」という声も。よく聞く言葉なのに読めないなんて、「以ての外」と言われてしまうかもしれませんね。

「使ってるけど読めない」人も!?「錚々たる」の正しい読み方に「聞いたことある!」の声

「使ってるけど読めない」人も!?「錚々たる」の正しい読み方に「聞いたことある!」の声

190417_sousou_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・錚々たる

Twitterで「錚々たる」と検索すると、「『ジョウジョウ』たる? 聞いたことないから違うんだろうな…」「俺もつい最近読み方覚えたばかりなんだけど、これは難しいよね」「読み方がわからない漢字なのに、文脈から意味はわかるのがモヤモヤする」と困惑する声が。

「錚々たる」は「ソウソウたる」と読むのが正解です。「デジタル大辞泉」によると「金属や楽器の音がさえて響くさま」「多くのものの中で特にすぐれているさま」という意味で、「錚錚たる顔ぶれ」という使われ方が紹介されていました。

正しい読み方を知った人からは、「『錚々たる顔ぶれ』ってカッコつけて使ってたけど、こう書くのね。勉強になった!」「『ソウソウたる』だったのか。耳で聞いたことはあるし、使ったこともあったのに知らなかった」と驚きの声が多数。尊敬する人たちに対して使う言葉なので、読めるように勉強しておきたいものですね。

「イジョウコウ」と誤読する人続出! 意味は知ってるけど読めない「居丈高」

「イジョウコウ」と誤読する人続出! 意味は知ってるけど読めない「居丈高」

190416_itakedaka_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・居丈高

Twitterで「居丈高」と検索すると、「『居丈高』って見たことあるけどなんて読むの?」「読めないのに意味はわかるからモヤモヤする」「『イジョウコウ』って読んでたけど違うんだ… 恥ずかしい!」「『イジョウダカ』って言ったら笑われた」という人が多くいました。

「居丈高」は「イタケダカ」と読むのが正解です。「デジタル大辞泉」によると、「人に対して威圧的な態度をとるさま」のことを「居丈高」と表すそう。

正しい読み方を知った人からは、「まさかの読み方だけど、語感が面白くて好きだな!」「長いこと『イジョウダカ』と覚えてたから驚いた」「『イタケダカ』とは… 読めなかったな」と驚きの声が見られました。読み方を知ったからといっても、人に教えてあげる時は居丈高にならないよう気をつけましょう。