圧倒的画力が描き出す「情欲の深遠」! 長らく絶版だった幻の傑作選『陰獣トリステサ 池上遼一幻想作品集』が電子書籍化

圧倒的画力が描き出す「情欲の深遠」! 長らく絶版だった幻の傑作選『陰獣トリステサ 池上遼一幻想作品集』が電子書籍化

190412_ikegami_01
陰獣トリステサ

長編劇画で知られる漫画家・池上遼一さんの著書『陰獣トリステサ 池上遼一幻想作品集』が、2019年3月29日(金)から電子書籍として配信されています。

190412_ikegami_02
『クリスタル・アイ』より

『男組』『サンクチュアリ』『BEGIN』など、有名原作者とタッグを組んだ長編劇画で知られる池上さん。オリジナル中心の短編集では、圧倒的な画力と卓越した想像力の神髄を味わうことができます。『陰獣トリステサ 池上遼一幻想作品集』は、「女性の内側に潜む、情欲の深遠」がテーマの短編を集めたもの。長らく絶版となっていた幻の傑作選が、電子書籍として復刊することになりました。

表題作『陰獣トリステサ』は、伝奇ロマン作家・橘外男さんの問題作を池上さんが大胆に劇画化。ほの暗い雰囲気が魅力的な、同作のあらすじをご紹介します。

<あらすじ>
中年の銀行頭取である「私」は、若くして夫を亡くした美貌の伯爵夫人ドローレスと結婚した。ドローレスにとっては財産だけが目当ての結婚で、寝室も「私」とは別だった。ある日、ドローレスは品評会で一匹の醜い小犬を買ってくる。「悲哀」(トリステサ)と名付けた犬をドレーレスは溺愛し、夜な夜な彼女の寝室からは、とろけるような嬌声が聞こえてくるのだった─。

他にも不思議な硝子玉を拾った女子高生を悪夢が襲う『クリスタル・アイ』、夜な夜な淫靡な夢にうなされる男を題材にした『夢魔の感触』、太股に蛇の入れ墨を入れた女子教師に見入られた少年を描く『蛇』など計4作品を収録。昭和・平成を代表する絵師・池上遼一のマジカルワールドを存分に堪能しましょう。

190412_ikegami_03
『クリスタル・アイ』より

■『陰獣トリステサ 池上遼一幻想作品集』
著者:池上遼一
販売価格:600円(税込 ※電子書店によって異なる場合があります)
配信日:2019年3月29日(金)
出版社:文藝春秋

池上遼一(いけがみ・りょういち)
1944年生まれ。1961年、貸本漫画『魔剣小太刀』でデビュー。水木しげるのアシスタントを経て、本格的に活動開始。圧倒的な画力で描く劇画漫画の第一人者として、長年にわたり活躍する。代表作に『男組』(原作・雁屋哲)、『サンクチュアリ』『BEGIN』(共に原作・史村翔)、『クライングフリーマン』(原作・小池一夫)など多数。『HEAT―灼熱―』(原作・武論尊)で小学館漫画賞を受賞。

グランプリ受賞者にはWEB連載やドラマ・映画化の可能性も! 幻冬舎とテレ東が次代のクリエイターを発掘する「#コミックエッセイ大賞」

グランプリ受賞者にはWEB連載やドラマ・映画化の可能性も! 幻冬舎とテレ東が次代のクリエイターを発掘する「#コミックエッセイ大賞」

190411_comic_01

メディアプラットフォーム「note」で2019年4月3日(水)から、「幻冬舎」と「テレビ東京」が共同でコミックエッセイ作品を募集するコンテスト「#コミックエッセイ大賞」が開催中です。

同コンテストは家族や友人など身近な人の日常生活や、自分自身の内面・体験談などを描いたマンガ作品を募集。入選した人にはWEB連載や賞金が賞に応じて贈呈されます。またグランプリ・準グランプリ受賞者には、書籍化・映像化に向けた話し合いの席が設けられる予定。

<各賞一覧>
グランプリ(1名):賞金30万円、「cakes」連載、幻冬舎からの書籍化やテレビ東京での映像化についての話し合い
準グランプリ(3名):賞金5万円、「cakes」連載、幻冬舎からの書籍化やテレビ東京での映像化についての話し合い
入賞(5名):賞金1万円、「cakes」連載

応募はメディアプラットフォーム「note」への投稿で受けつけており、ハッシュタグ「#コミックエッセイ大賞」がついている作品が選考対象になります。マンガだけではなく、イラスト+画像での応募も可能。同賞には「創作を始めたい・続けたい」と考えているクリエイターを支援し、「優れた作品をインターネット上だけでなく世間にまで広める機会を提供したい」という理念が掲げられています。

審査員には『あたしンち』で知られる漫画家・けらえいこさんをはじめ、箕輪厚介さんや佐久間宣行さんなど著名な編集者やテレビプロデューサーが参加。同賞の受賞者から、さまざまなメディアで活躍する新しいクリエイターが誕生するかもしれませんね。

■応募要項
応募期間:2019年4月3日(水)〜2019年5月31日(金)
入選作品の発表:2019年6月後半予定
募集作品:家族や友人、職場の仲間など身近な方との日常生活や、自分自身の内面、体験談などを描いたマンガ作品を募集。イラスト画像+テキストでの応募も受け付けます。
募集方法:「note」で「#コミックエッセイ大賞」のハッシュタグをつけて投稿。「公開設定」内の「販売設定」は「無料」で投稿。
「#コミックエッセイ大賞」note公式サイト

新元号で話題の『万葉集』を緊急重版! わかりやすい解説つきの文庫で古典文学に親しもう

新元号で話題の『万葉集』を緊急重版! わかりやすい解説つきの文庫で古典文学に親しもう

190409_reiwa_01

新元号「令和」の決定に伴い、典拠となった『万葉集』に関連する書籍の緊急重版が決定しました。

『万葉集』は新元号の発表直後から関連書籍の店頭注文が相次ぎ、ネット書店でも売り切れが続出。問い合わせに対応するため、『万葉集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』『万葉集 一 現代語訳付』の両書籍を各8,000部重版することを決定しました。さらに売れ行き次第では、追加の重版も検討しているよう。

190409_reiwa_02
重版が決定した『万葉集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』は、日本最古の歌集である『万葉集』から名歌約140首を厳選。万葉集のエッセンスを現代人向けにやさしく解説したベストセラーの書籍です。

190409_reiwa_03
また新元号「令和」の典拠となる「巻五梅花の歌32首『序』」が掲載されているのは、『万葉集 現代語訳付』第1巻385-386ページ。同書は、『万葉集』の全首を現代語に訳した全4巻からなるシリーズの第1巻です。普段古典文学に触れることがない人も、この機会に古典文学に親しんでみてはいかが?

190409_reiwa_04
190409_reiwa_05

■『新版 万葉集 現代語訳付き』
訳注:伊藤博
一巻/定価:960円+税
二巻/定価:1,000円+税
三巻/定価:971円+税
四巻/定価:971円+税
発行:角川ソフィア文庫

■『ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 万葉集』
編集:角川書店
定価:680円+税
発行:角川ソフィア文庫

■『はじめて楽しむ万葉集』
著者:上野誠
定価:705円+税
発行:角川ソフィア文庫

■『万葉集で親しむ大和ごころ』
著者:上野誠
定価:880円+税
発行:角川ソフィア文庫

■『古代史で楽しむ万葉集』
著者:中西進
定価:705円+税
発行:角川ソフィア文庫

英語のおさらいはマンガを7日間読むだけ!『マンガでカンタン! 中学英語は7日間でやり直せる。』が大ヒット中

英語のおさらいはマンガを7日間読むだけ!『マンガでカンタン! 中学英語は7日間でやり直せる。』が大ヒット中

190313_eigo_01

2018年7月に発売された、『マンガでカンタン! 中学英語は7日間でやり直せる。』の発行部数が5万部を突破しました。

190313_eigo_02
ストーリー仕立ての講義なので、楽しみながらサクサク読めます
190313_eigo_03
「英文法ってこう覚えれば良かったのか」という驚きの図解が満載

全編マンガで、忘れてしまった「英語のルール」を基礎から学び直すことができる同書。「中学英語」を7日間でやり直せるように、ストーリー仕立ての全7章で構成されています。1日の学習量は1章分の約40ページで、堅苦しい説明はいっさいありません。

190313_eigo_04
「英語のイメージ」が理解できるたくさんのイラストで脱丸暗記

<「英語の基礎」を学び直すうえで「核」となるテーマ>
190313_eigo_05
同書では「名詞」「冠詞」「文型」「前置詞」「助動詞」「be動詞」「受動態」「進行形」「完了形」「過去形」「疑問文」など、英語を使いこなすうえで欠かせない文法項目を扱います。章のタイトルには「スーパーマン」や「でんでん虫」に「金太郎飴」、それから「家系図」など意外性のあるキーワードも随所に登場。

<「絶対に途中で挫折せず読破できる」という工夫>
「忘れてしまった英語を、基礎から楽しく学び直せる本が欲しい」という人の要望を受けて刊行された同書。ストーリーと同様に著者・澤井康佑さんの講義を、漫画家・関谷由香理さんが実際に受講しました。「最大限に楽しく、英語の学び直しができる本」というコンセプトに基づき、“絶対に途中で挫折せず読破できる”という点を徹底した工夫が盛り込まれています。

190313_eigo_06
190313_eigo_07
また「先生」「生徒」「編集者」「ネコ」といった、個性あふれるキャラクターが登場。漫画で楽しく勉強して、英語をおさらいしてみませんか?

■『マンガでカンタン! 中学英語は7日間でやり直せる。』
著者:澤井康佑
マンガ:関谷由香理
価格:1,200円+税
発売日:2018年7月20日(金)
発行:学研プラス

甘酸っぱい恋模様に思わずキュン!「野いちご」から「ケータイ小説文庫」新作3点登場!

甘酸っぱい恋模様に思わずキュン!「野いちご」から「ケータイ小説文庫」新作3点登場!

月間アクセス数6億PVのケータイ小説サイト「野いちご」を運営するスターツ出版から、「ケータイ小説文庫」新刊3点が2019年2月25日(月)に発売されました。

『新装版 特等席はアナタの隣。』

190306_keitai_01
著:香乃子(かのこ)、イラスト:杏堂まい/価格:640円(+税)

【あらすじ】モカは癒し系で恋に奥手な高校生。ある日、放課後の図書室に居合わせたことから、モデル顔負けのイケメン・和泉と仲良くなり付き合うことに。他の女子には無愛想な和泉だけど、モカには「お前の全部が欲しい」と宣言したり、学校で甘いキスをしたりと愛情表現たっぷり。しかし和泉のファンやモカに恋する同級生の邪魔が入って、ふたりはすれ違うことも。それでもモカ一筋で会う度に愛を伝えてくれる和泉に、モカの心臓は鳴りやまなくて…。毎日MAX値を更新する和泉の溺愛に胸キュン!

『ふたりは幼なじみ。~クールな執事の甘い溺愛~』

190306_keitai_02
著:青山そらら(あおやまそらら)、イラスト:朝吹まり/価格:590円(+税)

【あらすじ】高2の梨々香は名家のひとり娘でお嬢様。同い年の専属執事・神楽は、小さいときからいつも隣にいて必ず梨々香を守ってくれる、頼れる幼なじみだ。「りぃ」「かーくん」と呼び合い、登下校も一緒。お嬢様と執事の関係だけど、ケンカも普通にするふたり。ある日梨々香にお見合いの話がきて、仕方なく受けることに。神楽はなぜか「お前に彼氏ができたら、俺、やる気なくすんだけど」と機嫌が悪くて…。さらにお見合いの場で梨々香が火事に巻き込まれちゃって!? ひたすら一途でじれったいふたりのピュア恋にキュン!

『月がキレイな夜に、きみの一番星になりたい。』

190306_keitai_03
著:涙鳴(るいな)/価格:540円(+税)

【あらすじ】 痛みを感じない難病「先天性無痛症」を抱える蕾は、過保護すぎる両親によって孤独な日々を送っていた。ある夜、蕾の部屋のバルコニーに傷を負った男の子―夜斗が現れた。暴走族・狼牙のメンバーだという夜斗は蕾の手を引き、毎夜こっそりと外の世界へ連れ出してくれる。強引でぶっきらぼうだけど、蕾に寄り添ってくれる夜斗。「俺はいつでもお前の味方だ」。運命と向き合うことを決意したふたりの勇気と、全力のピュアな愛に胸キュン&涙!

またケータイ小説サイト「野いちご」では、人気作家の作品や新作を無料公開中。甘酸っぱい作品の数々を一読してみてはいかがでしょうか?
ケータイ小説サイト「野いちご」

涼宮ハルヒシリーズの文庫本カバー写真で話題に! 岩倉しおり初写真集『さよならは青色』

涼宮ハルヒシリーズの文庫本カバー写真で話題に! 岩倉しおり初写真集『さよならは青色』

190305_ao_01
(C)Shiori Iwakura

2019年3月4日(月)に、岩倉しおりさんの初写真集『さよならは青色』が発売されました。

190305_ao_02
(C)Shiori Iwakura
190305_ao_03
(C)Shiori Iwakura

岩倉さんはうつろう季節の光をとらえたフィルム写真で、10代~20代を中心に幅広い世代から支持されています。地元・香川県で撮影した写真を中心に発表しているインスタグラムは、フォロワー数27万人を突破。CDジャケットや書籍のカバー撮影、写真展の開催などで活躍中です。

190305_ao_04
(C)Shiori Iwakura
190305_ao_05
(C)Shiori Iwakura
190305_ao_06
(C)Shiori Iwakura

『さよならは青色』は四季をテーマに、春夏秋冬それぞれの季節ごとの写真で構成。胸が苦しくなるほど繊細で、儚く美しいカットが満載です。同書の発売に際して、岩倉さんからコメントが寄せられているのでご紹介しましょう。

いつも見てくださるみなさまのおかげで、このたび写真集を出版させていただくことになりました。本当にありがとうございます。今まで見てきたものを詰め込んだ、私の宝物のような1冊です。オールカラーで中の紙の材質や、お散歩にも持っていけるA5変形サイズなどたくさんのことにこだわり制作いたしました。ぜひ、ご覧いただけるとうれしいです。―岩倉しおり

190305_ao_07
(C)Shiori Iwakura
190305_ao_08
(C)Shiori Iwakura

ふわっと懐かしいにおいがする、好きだったあの人を思い出す、日常がきらめいて見える…。温かく、ときに切ない待望の初写真集をチェックしてみてはいかが?

190305_ao_09
(C)Shiori Iwakura
190305_ao_10
(C)Shiori Iwakura
190305_ao_11
(C)Shiori Iwakura

■『さよならは青色』
著者:岩倉しおり
定価:1,500円(税抜)
発売日:2019年3月4日(月)
発行:KADOKAWA

結論から書かない文章は時間泥棒!? ベストセラー作家が“心を動かす無敵の文章術”を初公開

結論から書かない文章は時間泥棒!? ベストセラー作家が“心を動かす無敵の文章術”を初公開

190301_kokoro_01

ビジネス・自己啓発書でヒットを連発する千田琢哉さんの文章テクニックを公開する、『心を動かす無敵の文章術』が2019年2月7日(木)に発売されました。

千田さんは、30代40代の会社員を中心に絶大な支持を受けているベストセラー作家。同書では驚異的なスピードでアウトプットし続ける千田さんが、「無敵の文章術」を初めて明かしています。

企画書やメールなどビジネスの場はもちろん、ブログやツイッターなどプライベートでも文章を書く機会が増えてきている昨今。しかし、面白い文章を書くのは難しいもの…。『心を動かす無敵の文章術』は、文章に関する様々な悩みを解決する1冊です。

<目次>
第1章:【無敵の文章術のコツ】文章は短く、気負わずに!
第2章:【ビジネス文書の書き方】まずは、「結論」から書く!
第3章:【プライベート文章の書き方】量産型が成功の近道!
第4章:【プロが文章を書く前の準備・心構え】読む相手をイメージする!
第5章:【プロが文章を書くメカニズム】冒頭が面白ければ売れる!

<項目>
・「起承転結」に、こだわらない。
・好きな作家や漫画家を持つ。
・「結論」から書かない文章は、時間泥棒である。
・じっくり時間をかけて書いた企画は通らない。
・「もっと具体的に」とは、“数値”と“固有名詞”を示すことである。
・メールが長くなればなるほど、あなたの価値は下がる。
・「三行ハガキ」で、人生は変わる。
・普段から「オリジナルのネタ帳」を作り、持ち歩く習慣にする。
・「売りたい」「儲けたい」が滲み出たら、ご臨終。
・最初に「仮タイトル」を決めてしまう。
・今から調べないといけないことは書かない。など

「文章力が飛躍的に高まった」と評判を呼んだ同書は、発売からわずか1週間で即重版。“Amazonランキング(日本語教育部門)”でも1位を獲得しました。すぐに使える“文章テクニック”を様々な場で活用してみてはいかが?

■『心を動かす無敵の文章術』
著:千田琢哉
発売日:2019年2月7日(木)
定価:1,200円(税別)
判型・総ページ:四六判並製・192ページ
出版社:マガジンハウス

千田琢哉(せんだ・たくや)
文筆家。愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒。日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサル会社では多くの業種業界におけるプロジェクトリーダーとして、戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、“タブーへの挑戦で、次代を創る”を自らのミッションとして執筆活動を行っている。著書は同書で158冊目。

「朝日中高生新聞」の胸キュン青春小説が書籍化! 12人の中学生の視点から語られる『部長会議はじまります』

「朝日中高生新聞」の胸キュン青春小説が書籍化! 12人の中学生の視点から語られる『部長会議はじまります』

190228_buchou_01

12人の中学生の視点から語られる胸キュン青春小説『部長会議はじまります』が、2019年2月28日(木)に発売されました。

同書は「朝日中高生新聞」に連載され、大人気を博した小説を書籍化した1冊。内容は文化部部長たちが登場する「部長会議はじまります」と、運動部部長たちが登場する「部長会議は終わらない」の2部構成になっています。

<あらすじ>
詠章学園中学校では、部活の代表が集まって“部長会議”を毎週行っている。部長は胸を張って頑張るけれど下級生に反発されたり、片思いに苦しんだり悩みがいっぱい。ある日、美術部が文化祭のために作ったジオラマが壊される事件が起きた。「ジオラマ事件」の真相を探るために、文化部部長が集まる臨時部長会議を開催。部長たちは犯人捜しに乗り出すが―。

同書は書店やネットだけでなく、朝日新聞販売所でも発売中。連載当時から人気を博した胸キュン小説をチェックしてみてはいかがでしょうか?

■『部長会議はじまります』
著:吉野万理子
価格:1,400円+税
発売日:2019年2月28日(木)
出版社:朝日学生新聞社

吉野万理子(よしの・まりこ)
1970年生まれ。神奈川県出身。作家、脚本家。上智大学文学部卒業。新聞社や出版社の勤務を経て、2005年『秋の大三角』で第1回新潮エンターテインメント新人賞を受賞。『チームふたり』などの「チーム」シリーズ、『赤の他人だったら、どんなによかったか。』、『いい人ランキング』など著書多数。『劇団6年2組』『ひみつの校庭』でうつのみやこども賞を受賞。脚本では、ラジオドラマ『73年前の紙風船』で第73回文化庁芸術祭優秀賞を受賞。

話題の移動式ビンゴゲーム「おさんぽBINGO」が書籍化! 『おさんぽBINGO たのしいおさんぽ図鑑』登場

話題の移動式ビンゴゲーム「おさんぽBINGO」が書籍化! 『おさんぽBINGO たのしいおさんぽ図鑑』登場

190227_tanoshii_01

親子に大人気のビンゴゲーム「おさんぽBINGO」とコラボした書籍『おさんぽBINGO たのしいおさんぽ図鑑』が、2019年2月19日(火)に発売されました。

「おさんぽBINGO」とは、数字の代わりに動物や植物、建物などの可愛らしいイラストが描かれたビンゴカードのこと。「おさんぽBINGO」を持って街をお散歩し、イラストと同じものを見つけたら穴を開けていくゲームです。

同書は、「おさんぽBINGO」が楽しめるイラスト図鑑。オリジナルの「おさんぽBINGO」に描かれたイラスト40点を掘り下げ、可愛い絵をたっぷり掲載して解説しています。知らなかった知識や驚きの事実が満載なので、親子で楽しめるはず。
190227_tanoshii_02
190227_tanoshii_03

またベストセラー『ざんねんないきもの事典』の監修者・今泉忠明さんや、絵本作家・巣研究家として知られる鈴木まもるさんといった豪華監修陣が参加。さらにオリジナルのイラストがプリントされた、特別な「おさんぽBINGO」つきです。190227_tanoshii_04
190227_tanoshii_05

テレビやSNSで話題の移動式ビンゴゲームを親子や友達と楽しみましょう。

190227_tanoshii_06
■『おさんぽBINGO たのしいおさんぽ図鑑』
著:ブンケン
定価:1,600円+税
発売日:2019年2月19日(火)
発行・発売:G.B.

ブンケン
ブンケンとは、文具研究会。その研究内容は「じぶんを研究すると、みんなが喜ぶ」という仮説を、さまざまな文具づくりによって証明すること。自分の中にある個人的で些細、時にくだらない直感/違和感/疑問を出発点に掘りすすめ、人の心に留まるものにたどり着くと信じて研究している。ブンケンのブンは、自分のブンでもある。

メンタリスト・DaiGoが絶賛! 実験心理学の研究者が“最短で最高の結果を生み出す勉強法”を解説

メンタリスト・DaiGoが絶賛! 実験心理学の研究者が“最短で最高の結果を生み出す勉強法”を解説

img01
メンタリスト・DaiGoさんが絶賛する「科学的勉強法」を紹介した、『進化する勉強法―漢字学習から算数、英語、プログラミングまで』が2019年2月19日(火)に発売されました。

img02
同書では実験心理学の研究者が、子育ての悩みを振り返りながら“最短で最高の結果を生み出す勉強法”を解説。「子どもに学業で挫折せずにかしこく育ってほしい」「子どもに自信ややる気をもってほしい」「勉強の正しい見守り方を知りたい」「2020年から始まる教育改革に不安がある」といった人におススメの1冊です。

img03
img04
紹介されている具体的な勉強法は、「本当に記憶に残る“分散効果”の力」「すべての復習に応用できる“テスト効果”」「新しいことを学ぶには“バラバラの法則”が役立つ」「勉強する順番で脳への定着率が大きく変わる“系列位置効果”」など様々。これらの勉強法は、入学試験や語学試験、資格試験などあらゆるペーパーテストで効果を発揮します。

<目次抜粋>
第1章:勉強法の基本(脳の特性を生かすアイディア)
・自己コントロールの重要性―社会的な成功を握るカギ
・1万時間の法則は成立するのか?―1流になるまでにかかる時間の本当と嘘
・「やる気」のしくみ―内発的動機づけとほめ言葉 など

第2章:実践的な勉強法(テクニック編)
・学びの切り札(その1)“分散効果”―復習のタイミングと1対4の法則
・学びの切り札(その2)“テスト効果”―最短で最大の効果を得られる学習法
・学習成果を持続させる“バラバラの法則”―成果アップのカギはランダムさ など

第3章:実践的な勉強法(メンタル編)
・不安を書き出す効果
・ルーティーン効果を活用しよう
・先延ばしの誘惑 など

帯にはDaiGoさんが「心理学が裏付ける科学的勉強法のすべてがここに」とコメント。ムダなく効率的に頭がよくなる勉強法で、2020年の教育改革を乗り切りましょう。

■『進化する勉強法―漢字学習から算数、英語、プログラミングまで』
著:竹内龍人
定価:1,500円+税
発売日:2019年2月19日(火)
仕様:四六判、240ページ
出版社:誠文堂新光社

竹内龍人(たけうち・たつと)
1964年生まれ。日本女子大学人間社会学部心理学科教授。博士(心理学)。京都大学文学部心理学専修卒業。東京大学大学院、カリフォルニア大学バークレー校心理学部、日本電信電話株式会社(コミュニケーション科学基礎研究所)を経て現職。認知心理学の研究に取り組む。