子どもが小学校になったら毎朝機嫌が悪くなった…“子どもの困った”は睡眠を整えれば解決できる!?

子どもが小学校になったら毎朝機嫌が悪くなった…“子どもの困った”は睡眠を整えれば解決できる!?

190423_suimin_01

脳が育つ「正しい睡眠」の方法を伝授する、『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』が2019年4月15日(月)に発売されました。

「うちの子、風邪をひきやすくて…」「毎日不機嫌でぐずっちゃって…」など、小さな子どもを持つお母さんにとって子育ての悩みは絶えないもの。その悩みを「この子はこういう体質だから」と諦めたり、「もしかして私の育て方が悪いのかも?」と自分を責めてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし“困った”の原因は、「子どもの睡眠不足」にあるかもしれません。

『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』は、子どもの睡眠が持つ重要な役割と睡眠を整えるためのヒントを紹介。子どもの睡眠が持つ重要な役割は、「脳を育てる」ことです。具体的には“昼行性のリズムを作ること”や“免疫力を高めること”、“学習能力を向上させること”、“安定した心を育むこと”など。「正しい睡眠」で子どもの生活を整えれば、様々な“困った”を解決できるといいます。

著者は小児科医で子どもの脳の発達について研究している、文教大学教授の成田奈緒子さん。共著の上岡勇二さんは臨床心理士で、子どもたちの社会性を育む実践的な支援に力を注いでいます。子どもの脳と心理についての専門家である2人は、これまで様々な“子どもの困った”を解決してきました。

例えば、幼稚園から小学校に上がったばかりの男の子A君。朝起きる時間が変わったことで生活リズムを崩し、毎朝機嫌が悪くなってしまいました。朝ごはんもほとんど食べず、自分で学校に行く用意もできないほど…。

190423_suimin_02

この“困った”に対する先生のアドバイスは、“週末を利用して生活のリズムを整える”というもの。週末、A君にとって楽しい活動(外出やお父さんとの遊びなど)を午前中にまとめるようにして早いうちに家に帰り、午後はゆっくり過ごさせるようにします。するとA君は自然と夜早い時間に眠れるようになり、朝もすっきり起きてキチンとごはんを食べられるようになりました。

このように、睡眠を中心に生活リズムを見直すことで、子どもの不機嫌や体調不良などを改善することができるのです。同書には幼児期~中高生までの「ケース別 睡眠の整え方」や質の良い睡眠のために知りたい「睡眠Q&A」など、役立つコンテンツが盛りだくさんです。

190423_suimin_03

勉強や習い事はもちろん大事ですが、成長途中の子どもにとって一番重要なことは睡眠だという同書。「正しい睡眠」への理解を深め、子どもの健康な体と豊かな心を育んでいきましょう。

■『子どもが幸せになる「正しい睡眠」』
著:成田奈緒子、上岡勇二
発売日:2019年4月15日(月)
定価:1,300円+税
仕様:四六判、164ページ
発行:産業編集センター

元宝塚女優・柚希礼音「いまの自分が詰まった写真集になったと思います」 今後のさらなる飛躍と挑戦の姿勢を見せた写真集『ETERNITY』

元宝塚女優・柚希礼音「いまの自分が詰まった写真集になったと思います」 今後のさらなる飛躍と挑戦の姿勢を見せた写真集『ETERNITY』

190422_yuzuki_01

元宝塚女優・柚希礼音さんの『柚希礼音写真集 ETERNITY 【DVD付】』が2019年4月10日(水)に発売。同書の発売を記念して2019年4月13日(土)に日比谷シャンテ、4月14日(日)に大阪・紀伊國屋書店で「お渡し会」が実施されました。日比谷シャンテでは「お渡し会」とともに記者会見も開催。柚希さんが撮影時のエピソードや、現在の思いなどを語っています。

190422_yuzuki_02

同書は、柚希さんの「舞台デビュー20周年」を記念して企画された作品。舞台を中心に幅広い分野で活動している柚希さんの今後さらなる飛躍を願い、タイトルには「永遠、無限」といった思いが込められています。「20周年を機にパリやロンドンなどではなく、より深さを感じられる町の空気を感じたい」と、エディンバラやグラスゴーに赴き全編スコットランドで撮影。100年余の伝統を持つ劇場「キングス・シアター」などを訪れ、新たな挑戦を誓う「いまの自分が詰まった写真集になったと思います」と自信を覗かせました。

190422_yuzuki_03
撮影:キセキミチコ

記者から「お気に入りのカット」を聞かれると、柚希さんは「風船を持ちながら町を歩いたカットは、ガーリーになり過ぎないようなポイントを目指して撮りました」と笑顔。表紙でも裾の広がったフレアースカート姿を披露していますが、「これまでの写真集ではスカートをはいたことがあまりなかったのですが、『そろそろスカートをカッコよくはけるようになったかな?』と思って、今回は挑戦しました」と語りました。カッコいいスカート姿は、元男役ならではの“挑戦”する姿勢が生んだカットだったようです。

190422_yuzuki_04
撮影:キセキミチコ

またグラスゴーでの撮影中、宝塚ファンの女性にばったり遭遇したエピソードも披露。「1日半くらいかけて行って遠い土地だと思っていたのに、『ハプスブルクの宝剣』(2010年・星組当時の舞台)のチラシまで持っていらっしゃるという熱心なファンの方に出会えて。本当に幸せなことだと感じました」と、偶然の出会いからもファンのありがたみを痛感したといいます。「20年間舞台に立ち続けてこられたのは、ファンの方々の応援のおかげ。きょうは直接ファンの方々に写真集を“お渡し”できる機会ということで、とてもうれしいです」と感謝を述べました。

190422_yuzuki_05

記者からの「初舞台に立った20年前の自分に声をかけるとすれば?」という問いには、「当時は右も左も分からず、ただ“舞台に立ちたい”という一心でしたが、好きという気持ちがあれば、何でも乗り越えられるんだと感じたので“演じることが好き、という気持ちを大切に”と伝えたいです」と述懐。20周年の節目を迎え、「この1年はひとり舞台・アイスショー・そして秋にはミュージカルと挑戦することがとても多いのですが、やはり舞台に立ち続けることがとても大切なことだなとあらためて感じています。今後も真摯な思いで、舞台に立ち続けていたいと思います」と決意を新たにしていました。世の女性が憧れる「カッコいい大人の女性」としての柚希さんの生き方から、今後も目が離せません。

190422_yuzuki_06

■『柚希礼音写真集 ETERNITY 【DVD付】』
価格:5,184円
発売日:2019年4月10日(水)
撮影:キセキミチコ
発行:KADOKAWA

五味太郎の『つくえはつくえ』が「第50回講談社絵本賞」受賞!「とてもひろいつくえ」を描いた奇想天外のストーリー

五味太郎の『つくえはつくえ』が「第50回講談社絵本賞」受賞!「とてもひろいつくえ」を描いた奇想天外のストーリー

190419_gomitaro_01

摩訶不思議なストーリーで人気の絵本『つくえはつくえ』が、「第50回講談社絵本賞」を受賞しました。

「講談社絵本賞」は昨年までの「講談社出版文化賞絵本賞」から名前は変わりましたが、変わらず役割を引き継いでいます。第50回目の開催となる今回、受賞したのは五味太郎さんの作品。

五味さんは工業デザイナーから絵本作家になったという経歴の持ち主で、絵本作家としては40年以上活動しています。誰にも真似できない発想から生まれるストーリーの絵本はこれまで350冊以上刊行され、世界各国で翻訳されるほどの人気ぶり。絵本の世界で大いに遊び、ユニークな作品を数多く送り出してきました。ここで、今回受賞を果たした絵本『つくえはつくえ』のあらすじをご紹介しましょう。

<あらすじ>
190419_gomitaro_02

男の子の机はたくさんの物であふれています。
「なんだか つくえ せまい きがする」
すると、お父さん、
「きがするんじゃ ない せまいのだ」
「ひろい つくえを つくって やろう!」

190419_gomitaro_03

そして、お父さんが作ってくれたつくえは、とても広い「きがする」つくえでした。
たしかに広い。とっても広い! というか、ちょっと、広すぎ…!? でも、なにしろ広いから、なにをしてもだいじょうぶ!

190419_gomitaro_04

広い机に、いつのまにかみんなが集まってきて、その数はどんどん増えて…。

190419_gomitaro_05

思いがけない展開に、ページをめくる手が止まらない『つくえはつくえ』。ベテラン作家が描く愉快な世界を、この機会に味わってみてはいかが?

■『つくえはつくえ』
作・絵:五味太郎
定価:1,200円+税
対象:3歳から
サイズ:24cm×23cm
ページ数:32ページ
発売日:2018年5月21日(日)
出版社:偕成社

「寺田克也」の作品を原寸大で味わえる! 執筆の“にじみ”まで目で追える『寺田克也原寸』

「寺田克也」の作品を原寸大で味わえる! 執筆の“にじみ”まで目で追える『寺田克也原寸』

190418_terada_01

国内のみならず海外でも毎年個展を開催している、寺田克也さんの著書『寺田克也原寸』が2019年4月17日(水)に発売されました。

190418_terada_02

190418_terada_03

寺田さんは「イラスト」「マンガ」「ゲーム」「アニメのキャラクターデザイン」など多岐にわたって活躍しているイラストレーター・マンガ家。著書には、『西遊奇伝 大猿王』『寺田克也ココ10年』『絵を描いて生きていく方法?』といった作品があります。

190418_terada_04

190418_terada_05

『寺田克也原寸』は、個展用やライブドローイングで披露してきたパーソナルな絵を完全収録。原寸サイズの作品も多数掲載されているので、筆致のにじみやかすれまでも目で追える至高の1冊になっています。ここで寺田さんからコメントが届いているのでご紹介しましょう。

190418_terada_06

190418_terada_07

主に線画の大判の絵を中心に掲載してます。ライブドローイングというよりは公開制作のスタイルです。制作時間は2時間から4日間くらいの幅があります。消しゴムかけるのがめんどくさいので下描きはなしです。画材もいちいち準備するのがめんどくさいのでマーカーです。ゼブラの水性顔料系マーカー紙用マッキーを使用してます。ほとんどの絵は描きながらなにを描くか探り探り。描き上がるまでじぶんでもなに描いてるのかわかってないです。おたのしみに。―寺田克也

190418_terada_08

190418_terada_09

190418_terada_10

また商品の発売を記念して4月29日(月・祝)に、「寺田克也×祖父江慎のトーク&サイン会」が「LOFT/PLUS ONE」にて開催される予定。寺田さんの魅力が詰まった『寺田克也原寸』と一緒に、トーク&サイン会もチェックしてみてはいかがでしょうか?

190418_terada_11

190418_terada_12

■『寺田克也原寸』
著者:寺田克也
定価:3,600円+税
発売日:2019年4月17日(水)
発売元:パイ インターナショナル

■「寺田克也×祖父江慎のトーク&サイン会」
概要:画集「寺田克也原寸」の発売を記念して、寺田克也とデザイン担当祖父江慎が語る
日時:4月29日(月・祝)開場 11:00/開演 11:30
場所:LOFT/PLUS ONE
協力:ゼブラ株式会社

「ジュニア冒険小説大賞」受賞作『こちら妖怪お悩み相談室』に絶賛のコメント! ユーモアたっぷりな「学校の怪談」が登場

「ジュニア冒険小説大賞」受賞作『こちら妖怪お悩み相談室』に絶賛のコメント! ユーモアたっぷりな「学校の怪談」が登場

190417_youkai_01

「第16回ジュニア冒険小説大賞」を受賞した清水温子さんの作品『こちら妖怪お悩み相談室』が、2019年4月9日(火)に発売されました。

同書は主人公・リカが妖怪からの相談をとおして「悩みに寄り添う気持ち」を学び、困難を乗り越えてゆく成長物語。登場するのは「垢なめ」や「ヨジババ(四時婆)」「電話のメリーさん」「トイレの花子さん」「理科室の人体ガイコツ模型」「音楽室のモーツァルト画」「校庭の二宮金次郎像」など、古典的な妖怪や学校の怪談の定番たち。妖怪と人間の交流がユーモアたっぷりに描かれる同書のあらすじを、ご紹介しましょう。

190417_youkai_02

<あらすじ>
ひょんなことから「妖怪お悩み相談室」の電話番となった、小学6年生のリカ。相談室のボス「ぬらりひょん」や「ろくろ首」のナツ先輩といっしょに、妖怪たちの悲喜こもごもにつきあう日々を送っている。ある日、リカは複数の問題を一度に解決するために、妖怪たちのパレードを計画することに。ぶっつけ本番。はたして成功なるか!?

190417_youkai_03

同作が受賞した「ジュニア冒険小説大賞」は、海外ファンタジーばかりが持て囃される傾向にあった2001年、「現代の子どもたちがワクワクするような日本オリジナルの冒険物語を子どもたちに届けよう」との思いから創設されました。『こちら妖怪お悩み相談室』には、選考に参加した作家からのコメントが届いています。

<選評>
いろいろな妖怪がわらわらと出てくるのがおもしろい。文中に「なるほど」と思わせる名言が多いのもポイント。「冒険」をどこに求めるのか、これもなかなか難しいが、主人公が自ら妖怪の世界に入っていくこと、ピンチでも逃げないところが冒険といえば冒険だろう。妖怪それぞれに悩みや事情があり、憎めないキャラクターであることに好感が持てる。舞台が学校と相談室に集約しているのも、子どもにとっては身近だろう。主人公が活躍、成長していくのも、児童文学の王道で安定感がある。

妖怪相談室という、いわば鬼太郎側からの設定。妖怪にもある人間関係的な悩みが眼目かも。学校怪談パロディの娯楽版として仕上がっている。―眉村卓(作家)

会話の出し入れも地の文も終始テンポよく運ばれて過不足がなく、受賞者は年齢からみても、これからの活躍を大いに期待できる伸びシロの大きい才能と見た。―南山宏(作家)

受賞を果たした清水さんからも、喜びのコメントが届いています。

大賞の連絡をいただいたとき、足は震え、頭の中が真っ白になりました。作品を書くことは、自分の心と向き合うことでもあります。それが苦しいときもありましたが、書くことを途中であきらめなくて良かった。支えてくれた家族にも感謝の気持ちを伝えたいです。これからも私だけが作れる物語を書いていきたいと思います。―清水温子

「人生いろいろ、妖怪もいろいろ」な新世代の「学校の怪談」を、手に取ってみてはいかが?

■『こちら妖怪お悩み相談室』
作:清水温子
絵:たごもりのりこ
定価:1,300円+税
判型:四六判/200頁/ハードカバー
対象年齢:小学校高学年
発売日:2019年4月9日(火)
出版社:岩崎書店

ドローン入門者向けムックが登場! イラストつきでわかりやすい『ゼロからはじめて安全にとばせるまで』登場

ドローン入門者向けムックが登場! イラストつきでわかりやすい『ゼロからはじめて安全にとばせるまで』登場

190416_zerokara_01

ドローン入門者向けムック『ゼロからはじめて安全にとばせるまで ドローンハンドブック』が、2019年3月28日(木)に発売されました。同書は「安全に飛ばすこと」に必要な操縦や知識を、ポップなイラストとともに説明するドローンの入門書です。

190416_zerokara_02
190416_zerokara_03

ドローンの操縦や空撮には知的好奇心をくすぐられるものの、知識もなくドローンを飛ばすのは大変危険。覚えておかなければいけないのは万が一の時、危険に晒されるのが「当事者」ではなく「第三者」であるという点です。普通のアウトドアレジャーより、当事者は深い知識と高い技量を身につけなければなりません。

190416_zerokara_04
190416_zerokara_05

同書では最新ドローンの機種紹介や機能よりも、「飛行を制限する法令やルール」、「ドローンの操縦に影響を及ぼす各種要因」に注力。安全やルールに関わるベーシックな内容に重きを置いています。「せっかくドローンを飛ばすために出かけたのに条件に恵まれない」といった時には、周囲の環境を冷静に判断して「飛行をあきらめる決断」が必要。同書は「安全を最優先できる」パイロットを増やし、ドローンを取り巻く環境を向上させたいとの願いが込められています。

190416_zerokara_06
190416_zerokara_07

操縦や技術に関する項目は説明が難しくなりがちですが、カルチャー/ファッション雑誌をフィールドに活躍するスタッフ陣が読みやすいようポップなイラストとともに説明。初心者でもわかりやすく、敷居の低い本になりました。

190416_zerokara_08
190416_zerokara_09

「ドローンを始めたいけど、何から手をつけて良いかわからない」という人におススメの、「ゼロから」始められる同書。これからドローンを楽しみたい人はもちろん、「ドローンの練習をしたいが、方法がわからない」という人にも役立つ1冊です。

■『ゼロからはじめて安全にとばせるまで ドローンハンドブック』
著者:森健司
仕様:B5変型判、144ページ
定価:1,600円+税
発売日:2019年3月28日(木)
発行:玄光社

「ダイヤも、お寿司も、自分で買おう」「王子様を待たないで」 西原理恵子の『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』がWEBマンガ化!

「ダイヤも、お寿司も、自分で買おう」「王子様を待たないで」 西原理恵子の『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』がWEBマンガ化!

190415_ikiteiku_01

「女性のための新バイブル」と評される西原理恵子さんのエッセー『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』がマンガ化され、2019年4月3日(水)からWEB上で公開されました。

190415_ikiteiku_02
『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』(KADOKAWA・刊)

原作のエッセーは「ダイヤも、お寿司も、自分で買おう」「王子様を待たないで」などの名言が共感を呼び、2017年の発売以降30万部を超えるベストセラーに。今回マンガ版を描くのは、「新世代の旗手」として注目される漫画家・松島直子さんです。松島さんの代表作『すみれファンファーレ』は級友や大人たちと触れ合う中で成長していく小学生の少女の姿を描き、「THE BEST MANGA 2013 このマンガを読め!」では6位に入賞するなど高い評価を得ました。

190415_ikiteiku_03

マンガ版ではダブル主人公で物語を展開します。シングルマザー家庭で明るい性格の「とりこ」と、アルコール依存症の父親に悩むどこか陰のある「るりか」の2人が登場。一見対極にも思える2人がエッセー『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』を通じて仲を深め、成長していく物語が描かれます。

190415_ikiteiku_04

原作エッセーは大人の女性を中心に支持を集めましたが、マンガ版はより幅広い層に向けて展開。小・中学生向けにも親しみやすいよう、子ども向けウェブサイト「小学館キッズパーク」での不定期連載が決定しました。西原さんの綴った世界が、今を生きる少女たちの物語として新たに生まれ変わります。原作を読んだことがない人も、気軽に読めるマンガ版をのぞいてみるといいかもしれませんね。

190415_ikiteiku_05

■マンガ版『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』
原案:西原理恵子
漫画・ストーリー構成:松島直子
掲載開始日:2019年4月3日(水)
掲載ウェブサイト:「小学館キッズパーク」にて不定期連載
「小学館キッズパーク」作品ページ

綾辻行人「悪魔的な問題作である」 『ぼぎわん』で話題をさらった澤村伊智の最新作『予言の島』に感想続々!

綾辻行人「悪魔的な問題作である」 『ぼぎわん』で話題をさらった澤村伊智の最新作『予言の島』に感想続々!

190410_yogen_01

『ぼぎわんが、来る』の映画化などで話題をさらった澤村伊智さんの長編最新作『予言の島』が、発売後わずか5日で重版が決定しました。

2019年3月15日(金)に発売された『予言の島』は、ミステリーとホラーが巧妙に入り組んだ澤村さんの長編ミステリ。強烈な世界観の一端を味わえるあらすじをご紹介します。

190410_yogen_02

<あらすじ>
わたしは死ぬよ。言葉で。呪いで。「彼女」の死から二十年後に、予言された六人の死。島の秘密が暴かれたとき、惨劇の幕が開く。瀬戸内海に浮かぶ霧久島は、かつて一世を風靡した霊能者、宇津木幽子が生涯最後の予言を遺した場所だ。彼女の死から二十年後、「霊魂六つが冥府へ堕つる」―という。天宮淳は幼馴染たちと興味本位から島へ向かうが、宿泊予定の旅館は、怨霊が下りてくるという意味不明な理由でキャンセルされていた。そして翌朝、幼馴染みのひとりが遺体となって発見される。しかし、これは予言に基づく悲劇のはじまりに過ぎなかった。不思議な風習、怨霊の言い伝え、「偶然」現れた霊能者の孫娘。祖母の死の真相を突き止めに来たという、彼女の本当の目的とは…。あなたは、真実に気づくことができるか―。

発売後すぐに話題となり、各所から大反響がありました。作家の綾辻行人さんや有栖川有栖さんから寄せられたコメントもあわせて、ご紹介しましょう。

「ミステリとホラーが互いを呑み込み合い、最後に待ち受けているのは『意外な恐怖』。こんな小説、もっとください」―有栖川有栖さん(作家)
「ホラー作家・澤村伊智の、本格ミステリへの本気の挑戦。読めば語りたくなること必至の、悪魔的な問題作である」―綾辻行人さん(作家)
「この物語の魔力から逃れることは不可能だ。澤村伊智の才能こそが、いま最も恐ろしい」―内田剛さん(三省堂書店有楽町店)
「ホラー小説の旗手が本格長編ミステリ!? 金田一耕助が登場しても驚かない、本格推理小説だ」―井上哲也さん(大垣書店豊中緑丘店)
「初読でスラスラ読んでいた自分が怖いです。ミステリがホラーに変わった瞬間ゾッとしました」―福原夏菜美さん(未来屋書店ヒロロ店)
「作品の最大の魅力は二度読むことで本領発揮される。この面白さをもっともっと共有したい!」―渡辺美由希さん(BOOKPORT中之島店)
「最後のトリックに完全にダマされました。比嘉姉妹シリーズもおもしろいが、その看板に負けない出来映え!」―成川真さん(BOOKPORT鶴見店)
「澤村伊智さん、いいですね! この横溝チックな世界観がたまらなくいいですね!」―佐伯敦子さん(有隣堂伊勢佐木町本店)
「澤村伊智の『厭さ』を甘く見てはいけない。何気ない描写や伏線を読み逃さないでほしい」―吉江美香さん(教文館)

190410_yogen_03

また澤村さんの短編集『などらきの首』に収録された『学校は死の匂い』は、「第七十二回日本推理作家協会賞」の「短編部門」候補作に。今注目の作家・澤村さんから、目が離せませんね。

■『予言の島』
著:澤村伊智
発売:2019年3月15日(金)※電子書籍配信中
定価:1,600円+税
体裁:四六判上製
頁数:320頁
装画:中村至宏
装丁:高柳雅人
発行:KADOKAWA

映画「ダム・キーパー」が絵本に! 世界が認めた才能の“原点”を1冊に凝縮

映画「ダム・キーパー」が絵本に! 世界が認めた才能の“原点”を1冊に凝縮

190408_dam_01

「アカデミー賞短編アニメーション部門」にノミネートされた映画「ダム・キーパー」の絵本が、2019年3月29日(金)に発売されました。

190408_dam_02
190408_dam_03

映画「ダム・キーパー」は、ピクサーでアートディレクターをつとめていた堤大介さんとロバート・コンドウさんが自主制作した短編作品。世界中の国際映画祭で20以上の賞を受賞するなど、一大センセーションを巻き起こしました。同書は映画の世界をそのままに、すべてのアートを新しく描き下ろした絵本です。

絵本『ダム・キーパー』は、苦境を乗り越えて本当の使命に目ざめていく主人公・ピッグの「友情」と「成長」の物語。息をのむ美しい絵で描かれる、世界が認めた才能の“原点”が1冊に詰まっています。ここで、『ダム・キーパー』のストーリーをご紹介しましょう。

<内容紹介>
“Unsung Hero”─ほんとうのヒーロー
ほんとうのヒーローは、だれも見ていないところで町をまもっている。

その町は、大きなダムで、汚染された大気をせき止めていた。 ダムの上の風車小屋に住み、朝夕風車をまわして町を守るのは、ひとりぼっちのブタの少年、ピッグ。人々は、だれが町をまもっているのかもわすれて、ピッグをのけ者にしていた。
新学期、町の学校に、転校生フォックスがやってきた。絵を描くことが大好きで天真爛漫なフォックスとのふれあいが、 ピッグの孤独な心をとかしていく。ところが、ある日、事件がおこり…。

190408_dam_04
堤さんとロバートさんがピクサーからの独立後に立ち上げたアニメーションスタジオ「トンコハウス」は、映像・出版・アートイベントなどの多方面で活動しています。2019年4月27日(土)から2019年5月26日(日)にかけては、『ダム・キーパー』の出版記念イベント「トンコハウス映画祭とスタジオトンコカフェ」を開催予定。トンコハウスの世界観を楽しみながら、珠玉のアートを堪能してみては?

■『ダム・キーパー』
著作:トンコハウス
発売:2019年3月29日(金)※電子書籍同日配信予定
定価:1,600円+税
頁数:32頁
体裁:天地270mm×左右210mm/上製/左開き
発行:KADOKAWA
「トンコハウス・ジャパン」公式Twitter

「至高のBL作品。全人類に読んでほしい」 BLファンが“絶対外さない”と推薦する「BLコミックベスト100」発表!

「至高のBL作品。全人類に読んでほしい」 BLファンが“絶対外さない”と推薦する「BLコミックベスト100」発表!

190405_bl_01

電子書籍配信サービス「BookLive!」が、「おすすめのBL(ボーイズラブ)漫画」に関するアンケートを実施。2,147人の投票から選ばれた、「絶対に外さない! おすすめBLマンガベスト100ランキング!」が発表されました。各作品へのユーザーからのコメントと共に、トップ10までをご紹介しましょう。

1位『抱かれたい男1位に脅されています。』

190405_bl_02
(C)桜日梯子/libre

「BL初心者さんも抵抗が少ないと思います!」「繰り返し読んでしまうくらい中毒性がある」「作家さんが好きで買ってます」「攻め受け共に尊い」「絵が綺麗で、キュンキュンします」

2位『テンカウント』

190405_bl_03
(C)宝井理人/新書館

「攻めだけに心を開いていく受けにキュンとする」「最高です」「とてもエロティックでドキドキしました」「トラウマを乗り越えて、支えあっている感じが好きです」「心理描写が素敵」

3位『クロネコ彼氏』シリーズ

190405_bl_04
(C)左京亜也/新書館

「至高のBL作品。全人類に読んでほしい」「とにかく絵が最高に綺麗!」「クロネコが徐々に懐いてくれる感じがいい!」「内容が甘々で、大好きです」「とにかく猫好きにはたまらない作品です」

4位『囀る鳥は羽ばたかない』

190405_bl_05
(C)ヨネダコウ/大洋図書

「大人のBL作品」「映画の脚本のように毎回引き込まれる」「BLの枠を超えた、男たちのバイオレンスラブ」「苦くて切ないのが好きな方におすすめです!」「今後の展開が全く読めないのが面白い」

5位『恋するインテリジェンス』

190405_bl_06
(C)丹下道/幻冬舎コミックス

「何と言ってもオリジナリティがすごい」「萌えるカップリングが多くて目が離せません」「どの話もエロい! 笑える! 真顔じゃ読めない! 最高!」「表紙と内容の凄まじいギャップを堪能したい方へ」「設定が他にはない面白さだと思う」

6位『憂鬱な朝』

190405_bl_07
(C)日高ショーコ/徳間書店

「壮大なスケールの成長物語です」「主従ものならこれは断トツ!」「浪漫と涙溢れる最高の作品です」「大人買いしちゃうくらいハマった作品です」「これを読んでBLにハマりました!」

7位『ファインダーの標的』

190405_bl_08
(C)やまねあやの/libre

「スパダリ最高!」「麻見さんがどこまでもカッコいい」「悪い男が好きな方におすすめです!」「スーパー攻め様が見たいならこれ」「長編映画を見る感覚で読むことをおすすめします」

8位『酷くしないで』

190405_bl_09
(C)ねこ田米蔵/libre

「綺麗な絵が最高です」「マヤのスパダリが最高」「続きが読みたくなる作品です」「BL初心者におすすめ。かわいい」「恋の辛さもわかる作品です」

9位『同級生』

190405_bl_10
(C)中村明日美子/茜新社

「読後、『読んでよかったなぁ』と暫く呆けてしまいました」「台詞や説明はすごく少ないのに分かりやすい間の取り方が好きです」「読後幸せに包まれる作品でした」「BLマンガの王道。何度も読み返してしまいます」「名作、名著」

10位『ひだまりが聴こえる』シリーズ

190405_bl_11
(C)文乃ゆき/プランタン出版

「とても感動できるし、とても共感できる所も多いと思います!」「心情が丁寧に描かれてゆっくり進む、綺麗なBL」「BLって言って良いの? と悩むぐらい深い話」「現実的な内容で時々切なくて泣けます」「沢山の人に読んで欲しい。正に純愛」

1位の『抱かれたい男1位に脅されています。』は、累計発行部数250万部を超える大人気BL作品。芸能界を舞台にベテラン俳優と新人俳優の恋愛模様を描いた作品で、「BookLive!」でも2017年から2年連続で「BL年間ランキング」の1位を獲得しました。2018年秋に地上波でテレビアニメ化された際は、原作の世界観を地上波でどこまで表現できるのかがSNS上で話題に。調査にも「アニメをきっかけにBL作品に興味を持った」というコメントが寄せられ、既存のBLファン以外に新たなファン層からも支持されていることがわかります。

2位の『テンカウント』は「SUGOI JAPAN Award 2017」漫画部門第3位をはじめ数々の賞を受賞。台湾・フランス・韓国などで翻訳版が発売されるなど、世界各国で人気の作品です。綺麗な絵柄と王道恋愛ストーリーで人気の「『クロネコ彼氏』シリーズ」(3位)など、上位3位には紙・電子ともに大人気の王道作品がランクイン。そのほか、アニメーションが劇場上映された『同級生』(9位)や、実写映画化された「『ひだまりが聴こえる』シリーズ」(10位)などのメディア化作品が上位にランクインする結果となりました。「BookLive!」の特集ページでは、ランキングの100位までを紹介しています。気になる作品があったら、この機会にチェックしてみてはいかが?

■調査概要
調査期間:2019年3月1日(金)~2019年3月3日(日)
調査方法:「BookLive!」会員に対してアンケートメールを送付。フォームより回答
調査対象:過去1年間にBL(ボーイズラブ)ジャンルの作品を購入したユーザー
投票数:2,147票
「絶対に外さない! おすすめBLマンガベスト100ランキング!」