眠りの専門家も太鼓判! おやすみ前の読み聞かせにぴったりな絵本『ねむねむごろん』

眠りの専門家も太鼓判! おやすみ前の読み聞かせにぴったりな絵本『ねむねむごろん』

190426_nemunemu_01

子どもの寝かしつけに最適な絵本『ねむねむごろん』が、2019年4月18日(木)に発売されました。

昨年「日本初の『夜泣き外来』が開設される」など、“子どもの眠りの問題”は年々増加中です。同書は「寝かしつけるのに必死で疲れてしまった」「赤ちゃんが寝てくれないから、自分も眠れない…」といった両親の悩みに寄りそって、おやすみをサポート。絵本のキャラクターと一緒に「ねむねむポーズ」をすることで、子どもとコミュニケーションをとりながら“ねんね”の習慣を身につけられます。

<『ねむねむごろん』が寝かしつけに最適な理由>
その1:「入眠儀式」に最適
「この本を読んだら眠る」という毎日の習慣付けに。海の砂を使った柔らかな色彩と、心地よい繰り返しのリズムで読み聞かせにぴったりです。

その2:「ミラー効果」が得られる
登場するキャラクターのあくびがうつって、段々うとうと…。

その3:「ねむねむポーズ」で自然と横に
キャラクターのポーズを真似することで、子どもは自然と布団に寝ころぶはず。

同書はおやすみ前に読んでも目が疲れないよう、赤ちゃん絵本にはめずらしく暗い背景色。0歳でも見やすいコントラストのある色彩で描かれていました。ここで、同書の一部を紹介していきましょう。

190426_nemunemu_02
ぞうさんが ねむねむ どしん
190426_nemunemu_03
くまさんが ねむねむ ごろん
190426_nemunemu_04
りすさんが ねむねむ ころん ころん ころん…
190426_nemunemu_05
みんな ねむねむ おやすみなさい

<眠りの専門家も推薦>
190426_nemunemu_06

「ねんねって気持ちいいよ。ねんねって温かいよ。眠るのがちょっぴり苦手な赤ちゃんも、ねむねむごろんとしたくなる。そんな安心が伝わる絵本です」―清水悦子(NPO法人赤ちゃんの眠り研究所 代表理事)

また実際に読んだママたちからは、「『ごろん』『くるん』と真似をして、自然と布団に横になってくれます」「寝かしつけに、『○○ちゃんもねむねむ、ごろ~ん』と名前を入れて読んでいます」「おやすみ前の絵本タイムが楽しくなりました」と喜びの声も。『ねむねむごろん』を読み聞かせて、子どもと一緒に快適な睡眠をとってみてはいかが?

■『ねむねむごろん』
作・絵:たなかしん
価格:1,000円+税
発売日:2019年4月18日(木)
発行:KADOKAWA

Comments are closed.