「新橋駅前ビル」が建てられるまでの隠されたドラマとは…? 消えゆく“昭和の風景”をとらえたルポルタージュ『昭和トワイライト百景』

「新橋駅前ビル」が建てられるまでの隠されたドラマとは…? 消えゆく“昭和の風景”をとらえたルポルタージュ『昭和トワイライト百景』

190424_genhukei_01

気鋭の路地徘徊家による渾身のルポルタージュ『昭和トワイライト百景』が、2019年4月16日(火)に発売されました。

190424_genhukei_02

「平成」が終わりを告げて「令和」が始まろうとしている現在、猥雑でエネルギッシュな「昭和の風景」は残りわずかに。そんな現代に発売された同書は文筆家で路地徘徊家のフリート横田さんが、残された「昭和の原風景」を紹介するルポルタージュ。自らの足で調べ・聞き・飲んで追いかけた「昭和に出会う旅」が記録されています。

190424_genhukei_03
大森飲食街ビル

誰が建てたのか? 新宿に「停泊中」の昭和の大建築

190424_genhukei_04
軍艦マンション

“狂気の建築家”と呼ばれた渡邊洋治さんが設計した第3スカイビル(通称「軍艦マンション」)。マンションにあたる光とその陰が、無機質な鉄を妖艶な姿に変えます。同書は、現代の建築家を魅了する「軍艦マンション」の知られざる秘密や、「マンションを設計した渡邊洋治とは一体何者なのか?」を当時のエピソードとともに解説。

今宵吸い込まれませんか。「ビル内横丁」の暗闇に

190424_genhukei_05
新橋駅前ビル

サラリーマンの聖地・新橋の汐留口にそびえ立つ新橋駅前ビル。このビルの地下には小さな飲み屋が所狭しと並んでおり、濃厚な“路地感”と“横丁感”を醸し出しています。今では多くのサラリーマンで賑わい、「ビル内横丁」とも呼ばれる空間にはどのようなストーリーがあるのでしょうか? 戦後にヤミ市からマーケットへと変貌し、そして今のビルが建てられるまでの隠されたドラマを紹介します。

また、写真家でジャーナリストの都築響一さん、カストリ書房店主・遊郭家の渡辺豪さんと「なぜ人は昭和の風景に惹かれるのか?」を語った座談会も収録。令和という新しい時代を迎える今だからこそ輝く、「美しき昭和の時代」を体験してみましょう。

■『昭和トワイライト百景』
著:フリート横田
発売日:2019年4月16日(火)
定価:1,400円+税
発行:世界文化社

フリート横田(文筆家・路地徘徊家)
出版社勤務を経て、タウン誌の編集長、街歩き系ムックや雑誌の企画・編集を多数経験。独立後は編集集団「株式会社フリート」の代表取締役社長を務める。戦後~高度経済成長期の街並み、路地、酒場、古老の昔話を求め徘徊。昭和や酒場にまつわるコラムや連載記事などを日々執筆している。著書に『東京ノスタルジック百景』、『東京ヤミ市酒場飲んで・歩いて・聴いてきた。』。

Comments are closed.