「暖簾」があるお店で働いている人は要注意! 間違えがちな漢字の読み方

「暖簾」があるお店で働いている人は要注意! 間違えがちな漢字の読み方

190422_noren_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・暖簾

ネット上で「暖簾」を検索すると、「一文字ずつは分かるけど、『暖』と『簾』が合体したら読めない」「“ダンレン”と読んだけど間違いだったとは。他にも読めない人がいるはず!」「『暖簾』の漢字だけ見ても分かりません」などの声が多数ありました。

「暖簾」は「ノレン」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」では、「商家で屋号・店名などをしるし、軒先や店の出入り口にかけておく布」「また、それに似た、室内の仕切り・装飾などに用いる布」と説明されています。

「暖簾」の正しい読み方を知った人からは、「『ノレン』が正しい読み方なのか!」「言われてみればしっくりくる」「誰でも知ってる言葉なのに難しい漢字なんだね」「“ダンレン”と読んだけど確かに違うよね」「『暖簾』のあるお店に行ったら漢字を思い出すかも」などの声が。「暖簾」のあるお店で働いている人は特に気をつけたいですね。

Comments are closed.