「以ての外」を「もってのそと」と読んでない!? 読めないなんて“以ての外”!

「以ての外」を「もってのそと」と読んでない!? 読めないなんて“以ての外”!

190418_moxtute_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・以ての外

SNS上で「以ての外」を検索すると、「“以ての外”ってなんて読むのか分からない。使ったことがない言葉かも」「『もってのそと』と読んだら周りに笑われた」「何て読むんだろう。“いてのそと”かな…」など読めない人がたくさんいる模様。

「以ての外」は「もってのほか」と読むのが正解です。「デジタル大辞泉」によると、「とんでもないこと。けしからぬこと」という意味。他にも「予想を越えて程度がはなはだしいこと」を表現する時に使います。

正しい読み方を知った人からは、「聞いたことがある言葉だったけど、『以ての外』と書くのは知らなかった」「文章で書いたことがなかったかも。今度から漢字で使ってみます」「今まで『もっての他』と書き間違えていた自分が恥ずかしい…」という声も。よく聞く言葉なのに読めないなんて、「以ての外」と言われてしまうかもしれませんね。

Comments are closed.