「使ってるけど読めない」人も!?「錚々たる」の正しい読み方に「聞いたことある!」の声

「使ってるけど読めない」人も!?「錚々たる」の正しい読み方に「聞いたことある!」の声

190417_sousou_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・錚々たる

Twitterで「錚々たる」と検索すると、「『ジョウジョウ』たる? 聞いたことないから違うんだろうな…」「俺もつい最近読み方覚えたばかりなんだけど、これは難しいよね」「読み方がわからない漢字なのに、文脈から意味はわかるのがモヤモヤする」と困惑する声が。

「錚々たる」は「ソウソウたる」と読むのが正解です。「デジタル大辞泉」によると「金属や楽器の音がさえて響くさま」「多くのものの中で特にすぐれているさま」という意味で、「錚錚たる顔ぶれ」という使われ方が紹介されていました。

正しい読み方を知った人からは、「『錚々たる顔ぶれ』ってカッコつけて使ってたけど、こう書くのね。勉強になった!」「『ソウソウたる』だったのか。耳で聞いたことはあるし、使ったこともあったのに知らなかった」と驚きの声が多数。尊敬する人たちに対して使う言葉なので、読めるように勉強しておきたいものですね。

Comments are closed.