「黒子」の読み方は人気バスケットマンガとは違う!? 知ってる漢字の組み合わせが読めず困惑の声

「黒子」の読み方は人気バスケットマンガとは違う!? 知ってる漢字の組み合わせが読めず困惑の声

190415_hokuro_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と読み方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の読み方を解説していきます。

・黒子

SNSで検索すると、「『黒子』って読めないよね。周りみんなわからなかった」「『クロコ』以外の読み方があるの…?」「ヒントもらってもわからなかった。『クロコ』しか出てこない」「『黒子のバスケ』を愛読してるから、『クロコ』って読むのが正しい気がしてる」といった声が多くみられました。

「黒子」は「ホクロ」と読むのが正解。「精選版 日本国語大辞典」によると「皮膚の表面に見られる濃褐色の色素斑」と難しく書いてありますが、いわゆるあの「ホクロ」のことです。

正しい読み方を知った人からは、「なんでこれで『ホクロ』って読むんだろう」「『ホクロ』って漢字で『黒子』って書くんだ!」「バスケマンガを思い出す漢字だな…」と困惑する声も。人気バスケットマンガ「黒子のバスケ」を連想する人が多くいましたが、あちらの「黒子」は「クロコ」と読むのが正解なので混同しないようにしましょう。

Comments are closed.