「コトジチ」や「ゲンシツ」は間違い! 誤読のバリエーションも豊富な「言質」

「コトジチ」や「ゲンシツ」は間違い! 誤読のバリエーションも豊富な「言質」

190408_genchi_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と読み方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の読み方を解説していきます。

・言質

SNSなどで「言質」と検索すると、「『コトジチ』ではないよね。違うのはわかるんだけど読めない…」「よく見るけど読めない漢字」「普通に『ゲンシツ』って使ってたけど違うの!?」「『ゴンジチ』だとばっかり思ってた」という声が続出していました。

「言質」は「ゲンチ」と読むのが正解です。「デジタル大辞泉」によると、「のちの証拠となる言葉。ことばじち」とのこと。また補足として「『げんしち』『げんしつ』は誤読から生じた慣用読み」とも書かれています。あまりに間違われるため、辞書にも載ってしまったようですね。

正しい読み方を知った人からは「みんなの前で恥をかく前に知ることができて良かった…」「正しい読み方に違和感を感じるくらい長い期間誤読してました」「わかってても『コトジチ』って出ちゃいそうだから気をつけなきゃ」という声も。「人質」の読み方を連想して誤読する人が多いのかもしれませんが、思い込みをせずにきちんと正しい言葉を使いましょう。

Comments are closed.