「至高のBL作品。全人類に読んでほしい」 BLファンが“絶対外さない”と推薦する「BLコミックベスト100」発表!

「至高のBL作品。全人類に読んでほしい」 BLファンが“絶対外さない”と推薦する「BLコミックベスト100」発表!

190405_bl_01

電子書籍配信サービス「BookLive!」が、「おすすめのBL(ボーイズラブ)漫画」に関するアンケートを実施。2,147人の投票から選ばれた、「絶対に外さない! おすすめBLマンガベスト100ランキング!」が発表されました。各作品へのユーザーからのコメントと共に、トップ10までをご紹介しましょう。

1位『抱かれたい男1位に脅されています。』

190405_bl_02
(C)桜日梯子/libre

「BL初心者さんも抵抗が少ないと思います!」「繰り返し読んでしまうくらい中毒性がある」「作家さんが好きで買ってます」「攻め受け共に尊い」「絵が綺麗で、キュンキュンします」

2位『テンカウント』

190405_bl_03
(C)宝井理人/新書館

「攻めだけに心を開いていく受けにキュンとする」「最高です」「とてもエロティックでドキドキしました」「トラウマを乗り越えて、支えあっている感じが好きです」「心理描写が素敵」

3位『クロネコ彼氏』シリーズ

190405_bl_04
(C)左京亜也/新書館

「至高のBL作品。全人類に読んでほしい」「とにかく絵が最高に綺麗!」「クロネコが徐々に懐いてくれる感じがいい!」「内容が甘々で、大好きです」「とにかく猫好きにはたまらない作品です」

4位『囀る鳥は羽ばたかない』

190405_bl_05
(C)ヨネダコウ/大洋図書

「大人のBL作品」「映画の脚本のように毎回引き込まれる」「BLの枠を超えた、男たちのバイオレンスラブ」「苦くて切ないのが好きな方におすすめです!」「今後の展開が全く読めないのが面白い」

5位『恋するインテリジェンス』

190405_bl_06
(C)丹下道/幻冬舎コミックス

「何と言ってもオリジナリティがすごい」「萌えるカップリングが多くて目が離せません」「どの話もエロい! 笑える! 真顔じゃ読めない! 最高!」「表紙と内容の凄まじいギャップを堪能したい方へ」「設定が他にはない面白さだと思う」

6位『憂鬱な朝』

190405_bl_07
(C)日高ショーコ/徳間書店

「壮大なスケールの成長物語です」「主従ものならこれは断トツ!」「浪漫と涙溢れる最高の作品です」「大人買いしちゃうくらいハマった作品です」「これを読んでBLにハマりました!」

7位『ファインダーの標的』

190405_bl_08
(C)やまねあやの/libre

「スパダリ最高!」「麻見さんがどこまでもカッコいい」「悪い男が好きな方におすすめです!」「スーパー攻め様が見たいならこれ」「長編映画を見る感覚で読むことをおすすめします」

8位『酷くしないで』

190405_bl_09
(C)ねこ田米蔵/libre

「綺麗な絵が最高です」「マヤのスパダリが最高」「続きが読みたくなる作品です」「BL初心者におすすめ。かわいい」「恋の辛さもわかる作品です」

9位『同級生』

190405_bl_10
(C)中村明日美子/茜新社

「読後、『読んでよかったなぁ』と暫く呆けてしまいました」「台詞や説明はすごく少ないのに分かりやすい間の取り方が好きです」「読後幸せに包まれる作品でした」「BLマンガの王道。何度も読み返してしまいます」「名作、名著」

10位『ひだまりが聴こえる』シリーズ

190405_bl_11
(C)文乃ゆき/プランタン出版

「とても感動できるし、とても共感できる所も多いと思います!」「心情が丁寧に描かれてゆっくり進む、綺麗なBL」「BLって言って良いの? と悩むぐらい深い話」「現実的な内容で時々切なくて泣けます」「沢山の人に読んで欲しい。正に純愛」

1位の『抱かれたい男1位に脅されています。』は、累計発行部数250万部を超える大人気BL作品。芸能界を舞台にベテラン俳優と新人俳優の恋愛模様を描いた作品で、「BookLive!」でも2017年から2年連続で「BL年間ランキング」の1位を獲得しました。2018年秋に地上波でテレビアニメ化された際は、原作の世界観を地上波でどこまで表現できるのかがSNS上で話題に。調査にも「アニメをきっかけにBL作品に興味を持った」というコメントが寄せられ、既存のBLファン以外に新たなファン層からも支持されていることがわかります。

2位の『テンカウント』は「SUGOI JAPAN Award 2017」漫画部門第3位をはじめ数々の賞を受賞。台湾・フランス・韓国などで翻訳版が発売されるなど、世界各国で人気の作品です。綺麗な絵柄と王道恋愛ストーリーで人気の「『クロネコ彼氏』シリーズ」(3位)など、上位3位には紙・電子ともに大人気の王道作品がランクイン。そのほか、アニメーションが劇場上映された『同級生』(9位)や、実写映画化された「『ひだまりが聴こえる』シリーズ」(10位)などのメディア化作品が上位にランクインする結果となりました。「BookLive!」の特集ページでは、ランキングの100位までを紹介しています。気になる作品があったら、この機会にチェックしてみてはいかが?

■調査概要
調査期間:2019年3月1日(金)~2019年3月3日(日)
調査方法:「BookLive!」会員に対してアンケートメールを送付。フォームより回答
調査対象:過去1年間にBL(ボーイズラブ)ジャンルの作品を購入したユーザー
投票数:2,147票
「絶対に外さない! おすすめBLマンガベスト100ランキング!」

Comments are closed.