意味ほど情熱的に見えない? 意外な「迸る」の読み方

意味ほど情熱的に見えない? 意外な「迸る」の読み方

190403_hotobasiru_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と読み方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の読み方を解説していきます。

・迸る

Twitterで「迸る」と検索したところ、「『ミミバシる』でしょ! …違うか」「全然わからなくてググったのは内緒」「普通に口にしてたのに、つい最近まで読み方を知らなかったなんて言えない」「イイ歳だけど全然読めない」という声が続出していました。

「迸る」は「ホトバシる」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「勢いよく飛び散る。また、激しく流れ出る。噴き出る」「とびあがる。おどりあがる」ことを「迸る」と表現するそうです。

読み方を知った人からは「よく口にはしてたけど、こういう漢字だったのか!」「普段漢字で書かないけど、こういう字なんだね。次からは漢字で書くぞ!」「でも漢字からは“迸る”勢いは感じないよね」「ナチュラルに読めたらかっこいい…」という声も。意味ほどの躍動感はない漢字ですが、だからこそ印象に残るかもしれません。

Comments are closed.