見た目通りではある? よく食べる「若布」の漢字が読めない!

見た目通りではある? よく食べる「若布」の漢字が読めない!

190329_wakame_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・若布

Twitterで「若布」と検索すると、「『若布』の読み方がわからない。誰か教えて!」「お店の『若布うどん』って商品名が読めなくて、1度も注文できたことない」「弟に聞いたら『ジャクフ?』って…。絶対違うと思う」「こんな字見たことないし、身近なものではないんじゃないかな」という声が続出していました。

「若布」は「ワカメ」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」の説明では「成熟すると茎の両側にひだ状の胞子葉ができ、めかぶ・みみとよばれる」「コンブ科の褐藻」と書かれていました。つまりは、日本人に馴染み深いあの「ワカメ」のことです。

読み方を知った人からは「まさかの読み方で笑った! さっそくクイズにしてみよう」「最近知ったんだけど、意外な漢字だよね」「身近なものだから、漢字を知らない人に自慢したくなる!」といった声が。普段から接していても、漢字で書いたことのないものはいろいろありそうですね。

Comments are closed.