「挙って」を正しく読むと違和感? 変わった読み方をする難読漢字

「挙って」を正しく読むと違和感? 変わった読み方をする難読漢字

190326_kozotte_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・挙って

Twitterで「挙って」と検索すると、「“アガッテ”だと思ってました…」「むしろ“アガッテ”じゃないことにビックリ!」「長い間『挙って』を“アガッテ”と読み続けてた。恥ずかしい」など頭を抱えてしまう人が多く見られました。

「挙って」は「コゾッテ」と読むのが正解。「大辞林 第三版」によると、「ある集団を構成する者全員が同じ行動をするさま」を「挙って」と表現するそうです。

「挙って」の読み方を知った人からは「“コゾッテ”と読むのか!」「変わった読み方をするんだね」「『挙って』と書いて“コゾッテ”と読むのは違和感ある…」「“アガッテ”の方がしっくりくる。納得いかないな」といった声が続出。変則的な読み方をする言葉は、他にもたくさんあるので気をつけましょう。

Comments are closed.