正しく読んだほうが伝わりにくい!?「店前」の正しい読み方

正しく読んだほうが伝わりにくい!?「店前」の正しい読み方

190306_tanasaki_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と読み方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の読み方を解説していきます。

・店前

SNSなどで「店前」と検索すると、「えっ“ミセマエ”じゃないの?」「今までずっと『店前』のことを“ミセマエ”って読んでた。まさか間違いだったなんて」「“ミセマエ”以外に読めないだろ!」「ほかにどう読めるんだ… 全然分からない」といった混乱の声が上がっていました。

「店前」は「タナサキ」と読むのが正解。「大辞林 第三版」によると、「みせの前、みせさき」「店頭」のことを「店前」と表現するそうです。

読み方を知った人からは「本当は“タナサキ”って読むのか!」「“ミセマエ”って読んだほうが伝わりやすい気がする…」「『“タナサキ”に置いといて』って店長に言われたとき、何のことか分からなかったな」という声も。正しく読んだほうが伝わりにくい、珍しい漢字ですね。

Comments are closed.