お祭りシーズンまでに知っておきたい!「境内」の正しい読み方

お祭りシーズンまでに知っておきたい!「境内」の正しい読み方

190226_keidai_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・境内

Twitterで「境内」と検索すると、「“ケイナイ”じゃないの?」「初詣の待ち合わせで『“ケイナイ”に集合!』と言ってしまった」「『境内』がいまだに読めない…」「神社の看板を見たときに、“ケイナイ”って読んでしまった」など悲鳴が相次いでいました。

「境内」は「ケイダイ」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「境界の内側。区域内」「神社・寺院の敷地内」のことを「境内」と呼ぶそうです。

「境内」の読み方を知った人からは「“ケイダイ”だったの? マジか…」「“ナイ”じゃなくて“ダイ”、漢字って難しい」「神社も寺もあんまり行かないから、読めないままだった」「“ケイダイ”が正解!? ずっと間違えて言ってたよ~」といった声が続出。お祭りのシーズンまでに、正しい読み方を身につけたい漢字ですね。

Comments are closed.