「曲のさわり」はイントロじゃない? 50%以上が間違っている「さわり」の正しい使い方

「曲のさわり」はイントロじゃない? 50%以上が間違っている「さわり」の正しい使い方

180717_sawari_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている言葉。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな言葉の使い方を解説していきます。

・さわり

「話の“さわり”だけ教えるね」と言われると、「話の最初だけ」と捉える人が少なくありません。平成28年度の「国語に関する世論調査」でも、53.3%の人が「最初の部分のこと」と認識していました。

「広辞苑 第6版」によると、「さわり」の本来の意味は「話や物語などの要点、または、最も興味を引く部分」という意味。元々は義太夫節の目立つ箇所を指す言葉だそう。「曲のさわり」ならイントロではなく一番の聞きどころ、「映画のさわり」なら導入部分ではなく見どころを指します。

誤用が広まってしまった背景について、文化庁の公式サイトによると、「ある部分を限定するような文脈で使われることが多いこと」「『さわる』という言葉の響きが、物事に軽く触れる、表面的に触れるというような意味で捉えられやすいこと」と紹介されていました。

Comments are closed.