“情け”は結局誰のため? “情けは人のためならず”の正しい使い方

“情け”は結局誰のため? “情けは人のためならず”の正しい使い方

180711_nasake_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている言葉。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな言葉の使い方を解説していきます。

・情けは人のためならず

平成22年度の「国語に関する世論調査」では、このことわざの意味を45.7%の人が「人に情けを掛けて助けてやることは、結局はその人のためにならない」と認識していました。

確かにネット上でも、
「“情けは人のためならず”と思って厳しく指導した」
「手伝いたいけど“情けは人のためならず”って言うし見守ってる」
といった表現をちらほら見かけます。

しかしこれらの使い方は全て誤用。「大辞林 第3版」によると、正しくは「情を人にかけておけば、巡り巡って自分によい報いが来るということ」という意味です。

なぜほとんど反対の意味で誤用されるようになったのか。文化庁の公式サイトには「言葉を本来とは違う意味で理解してしまうのは,『ためならず』の解釈を誤ってしまうからだと考えられます」と掲載されていました。

利己主義とも利他主義ともとれる「情けは人のためならず」。例えば「ボランティア活動をして何の特になるの?」という声もありますが、長期的に見ると“自分のため”になるのかもしれません。

Comments are closed.