流川楓の「てめーだけじゃ役不足だ」は誤用!? 今一度整理したい“役不足”の正しい使い方

流川楓の「てめーだけじゃ役不足だ」は誤用!? 今一度整理したい“役不足”の正しい使い方

180710_yaku_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている言葉。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな言葉の使い方を解説していきます。

・役不足

“間違われる”ことで有名な単語ですが、ここで一度正しい使い方を整理してみましょう。以下の例文の中で正しく使用されているものはどれか、考えてみてください。

「私では役不足なのでこの試合には勝てません」
「この仕事は簡単すぎるので私にとっては役不足です」
「あの女優は演技が下手なので、映画の主演には役不足だ」
「大物俳優がこんなチョイ役で起用されるなんて役不足だ」

この中で正しいものは「この仕事は簡単すぎるので私にとっては役不足です」「大物俳優がこんなチョイ役で起用されるなんて役不足だ」の2つ。「大辞林 第3版」によると、「役不足」は「俳優などが与えられた役に満足しないこと」「能力に対して、役目が軽すぎること」という意味で使われます。

つまり「役>自分」とへりくだったニュアンスで使うのは間違い。また「スラムダンク」の流川楓のように「てめーだけじゃ役不足だ」と吐き捨てるのも一般的には誤用です。

Comments are closed.