「写す」と「映す」の使い分けはできてますか? 明確な差がある2つの漢字の意味

「写す」と「映す」の使い分けはできてますか? 明確な差がある2つの漢字の意味

180706_utusu_1

普段何気なく目にして、何気なく使っている言葉。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな言葉の使い方を解説していきます。

・『写す』と『映す』

どちらも同じように“うつす”と読むのですが、状況に応じて漢字を使い分けなければ誤用となるケースがあります。

「書類の文章を書き“うつす”」
「鏡に“うつった”自分の姿を見る」
「スクリーンに映画を“うつす”」

上記の例文では『写す』と『映す』のどちらの漢字を使用すればいいのかわかりますか? 漢字の意味を解説していくので答えを考えていきましょう。

・写す
そのとおりに書く。画像として残す。透ける。
・映す
画像を再生する。投影する。反映する。印象を与える。
(文化庁 WEBサイトより)

つまり、例文の答えは下記のように。
「書類の文章を書き“写す”」
「鏡に“映った”自分の姿を見る」
「スクリーンに映画を“映す”」

ちなみに、記録として残りながら映像もリアルタイムで表示する防犯ビデオや胃カメラは、『映す』の方を使うようです。

Comments are closed.