「マネーの虎」に出演した“銀座の女社長”が虐待された過去を告白!“毒親”自伝マンガ無料公開開始!

「マネーの虎」に出演した“銀座の女社長”が虐待された過去を告白!“毒親”自伝マンガ無料公開開始!

180119_okasan_01『お母さん、あなたを殺してもいいですか?』
起案者・原作:臼井由妃、作画:秋本尚美、シナリオ:新田哲嗣

ビジネス作家・臼井由妃が起案したクラウドファンディングによって制作されたマンガ『お母さん、あなたを殺してもいいですか?』の無料配信が、2018年1月8日(月)から開始された。

子どもを支配しようとしたり、あるいは過度に無関心であったりと、子どもにとって毒となる親である「毒親」。なかでも、母親の呪縛が強いパターンは「毒母」と言われ、女性誌で特集が組まれたり、トークイベントが行われたりと30~40代の女性を中心に話題となっている。

長年「母娘関係」の問題に悩み続けてきた臼井は、目の前で母が事故に遭ったこと、同じく母娘の関係に悩んできた人たちと出会い、「母娘関係」問題に取り組むことを決意。そして、2017年に自身の実体験を踏まえたマンガ『お母さん、あなたを殺してもいいですか?』を制作するためのクラウドファンディングを起案した。

制作されたマンガは「毒親」問題の当事者を含め、より多くの人に「母娘関係」の問題を知ってもらうキッカケになるように、Webサイトで自由に閲覧することができる。「マネーの虎」に出演し、“銀座の女社長”として有名になった臼井。60年間隠し続けてきた真実を目撃しよう。
⇒『お母さん、あなたを殺してもいいですか?』前編
⇒『お母さん、あなたを殺してもいいですか?』後編

臼井由妃
ビジネス作家/エッセイスト・講演家・熱海市観光宣伝大使として活動。33歳で結婚後、病身の夫に代わり経営者に。次々にヒット商品を企画・開発。独自のビジネス手法により通販業界で成功を収め、借金3億円の会社を優良企業に変える。経営者として多忙な中、理学博士号・健康医科学博士号・宅建・行政書士・MBAなどの資格を短期に取得。その勉強法も注目されている。日本テレビで放送されていた「マネーの虎」に、「銀座の女社長」として出演。厳しさの中に温かさが備わったコメントで人気を博す。著書は『できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?』『1週間は金曜日から始めなさい』『仕事の8割は人に任せなさい!』『忙しい人の即効! 勉強術』など70冊を超える。

Comments are closed.