発売5カ月で100万部達成!『漫画 君たちはどう生きるか』が老若男女問わず大人気!

発売5カ月で100万部達成!『漫画 君たちはどう生きるか』が老若男女問わず大人気!

20180112_kimitati_01『漫画 君たちはどう生きるか』(原作:吉野源三郎、漫画:羽賀翔一/マガジンハウス)

2017年8月に発売された『漫画 君たちはどう生きるか』が、2018年1月10日(水)の重版出来分で100万部を突破したことがわかった。

『君たちはどう生きるか』とは、軍国主義が進みはじめた1937年に児童文学者・編集者である吉野源三郎によって発行された歴史的名著。ヒューマニズムに根差し、自分の頭で考えられる子どもたちを育てたいという想いから「日本少国民文庫」シリーズの一つとして刊行された。

同書で描かれているのは、主人公の中学生“コペル君”が、日々直面する様々な問題と取り組むなかで、友人との関係、ものの見方、真実、勇気について、“おじさん”からアドバイスを受けながら考え、学んでいく姿。本来は少年少女に向けて書かれたものだったが、大人たちからも多大な共感を得て、名著として今なお語り継がれている。

『漫画 君たちはどう生きるか』は、発売当初から原作本を知っている世代からの支持を受け、好調な売れ行きを記録。さらに2017年10月下旬からメディアで紹介されると爆発的な売り上げを見せ、10万部クラスの増刷が5回も行われた。そして、発売から5カ月足らずという早さで発行部数100万部に到達。さらに、同時刊行された新装版小説も30万部が発行され、漫画と小説合計で130万部のベストセラーに。

物語の根底に流れるテーマと普遍性が魅力の同書。いつの時代にも人としての拠りどころとなり、生きるためのヒントが詰まっていることがヒットの要因かもしれない。

吉野源三郎(よしの・げんざぶろう)
編集者・児童文学者。1899年~1981年。雑誌『世界』初代編集長。岩波少年文庫の創設にも尽力。

羽賀翔一(はが・しょういち)
漫画家。2010年『インチキ君』で第27回MANGA OPEN奨励賞受賞。2011年にモーニングで『ケシゴムライフ』連載、2014年に単行本発売。近刊に『昼間のパパは光っている』。

20180112_kimitati_02『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎/マガジンハウス)

Comments are closed.