『頭文字D』の“しげの秀一”が描く新公道最速伝説『MFゴースト』第1巻発売!

『頭文字D』の“しげの秀一”が描く新公道最速伝説『MFゴースト』第1巻発売!

img01
『MFゴースト』1巻(しげの秀一/講談社)

累計5,000万部の大人気漫画『頭文字D』から4年。しげの秀一が描く新公道最速伝説『MFゴースト』第1巻が、2018年1月5日(金)に発売された。

しげの自ら「走りマンガの集大成になると思う」と意気込む同作は、走り屋たちが公道最速を目指す物語が展開される。主人公・片桐夏向(かたぎりかなた)のクルマは、もちろん86だ。
img02

<内容紹介>
西暦202X年。車の自動運転が普及した日本。そんな時代に、公道の自動車レースが開催されていた。世界中で人気を集めるレースの名はMFG。ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニなど最速を誇るマシンが次々に参戦していた。一方、イギリスのレーシングスクールを卒業したドライバー、カナタ・リヴィントンは、ある目的を果たすため日本に帰国するのであった。新公道最速伝説、ここに開幕!
img03

1月6日(土)発売の『ヤングマガジン』第6号で、作品内に出てくるレースクイーンチーム「MFGエンジェルス」が結成され、巻末グラビアに登場。さらに、1月12日(金)から14日(日)開催の「東京オートサロン」に『MFゴースト』のPRブースが出展される。

これからますます盛り上がりをみせるであろう『MFゴースト』。もう一度、86でアツくなろう。

Comments are closed.