不動の人気は夏目漱石!? 20年を迎える無料電子図書館「青空文庫」

不動の人気は夏目漱石!? 20年を迎える無料電子図書館「青空文庫」

1997年に発足したインターネット上の電子図書館「青空文庫」が、文学作品の無料公開を始めてから今年9月で20年を迎える。

ノンフィクション作家の故・富田倫生らによる呼びかけで発足した「青空文庫」は、著作権切れとなった文学作品を電子化し、ネット上で無料公開している。運営は非営利で行われ、書籍の電子化作業も全てボランティアが担当。

公開当初はプログラムなどの基盤が整っておらず、公開する作品数や閲覧者数は伸び悩んでいた。しかし、無料公開20年を目前に控えた現在、アクセス数は大きな伸びを見せ約1万4,000点もの作品を公開するまでに成長。公開作品の中には夏目漱石や森鴎外、芥川龍之介といった戦前を代表する文豪から、柳田国男や谷崎潤一郎などの作品までと幅広い。また活動に賛同する作家が認めた一部の作品も、同様に無料で公開されている。

Comments are closed.