失敗知らずのコンテンツ作り! コンテンツマーケティングを成功に導く

失敗知らずのコンテンツ作り! コンテンツマーケティングを成功に導く

Googleが検索技術を発展させSNSが爆発的に普及したことで、世界的な関心が日々高まっている“コンテンツマーケティング”。日本では現在、消費者が新商品の情報を“ネット検索”から入手する割合がトップを占めており、テレビCMのようなマス広告から情報を入手する人は減少傾向にあるという。

コンテンツマーケティングの第一人者でジョー・ピュリッジも、「顧客が気にするのは自身の欲求やニーズのみ」と語るように、今後は“売り込み型”の宣伝方法が通用しない時代に突入することが暗示されている。時代の波に乗り遅れないためにも、新たなマーケティング戦略を理解することは必須。今では80%以上の企業が、自社の商品やサービスの認知獲得を目的にコンテンツマーケティングに取り組んでいるが、成功するのはほんの一握り。そこで今回は、コンテンツマーケティングを成功に導く3つのコツを紹介しよう。

■コンテンツの充実度とブレない姿勢
コンテンツマーケティングを行う上で欠かせないのは、コンテンツの充実度だろう。ユーザーが興味をもつタイトルの作成から目を引く画像の選び方、有益な情報が満載のクオリティーの高い記事の執筆など、メディア内のコンテンツを充実させるためには、細部にまで気を配る必要がある。またターゲットの特定も必要不可欠であり、ブレないコンテンツ制作が見込みユーザーを自社メディアの顧客へと成長させる近道だ。

■コンテンツは情報量よりもユーザー中心の発想が重要!
質の高いコンテンツを制作するために重要な秘訣は、有益な情報が含まれてるか、ニーズに応えられているかといった、ユーザー目線に立つこと。どれだけ膨大なコンテンツが含まれていようと、特定のユーザー層の興味や関心を引けなければ意味がない。そのためにはユーザー中心の発想をもち、彼らの本質的なニーズとゴールを明確に設定しゴールまでの具体的な過程を描けるかが、コンテンツマーケティングの成功に繋がっている。

■SNSと連動させた仕組みの構築
今では月間20億人近くがfacebookを利用し、また3億人以上がTwitterを利用するなど、SNSが日常生活の一部に。膨大なユーザー数を誇るSNSと連動させることで、自社メディアへ流入する見込みユーザーの増加や、コンテンツのシェア数の伸びしろにも期待できる。SNSがコンテンツマーケティング効果の倍増やファン獲得に一役買ってくれ、収益の増加も見込めるだろう。

Comments are closed.