良質な記事作成のコツは“読者のニーズを知る”ことだった!?

良質な記事作成のコツは“読者のニーズを知る”ことだった!?

 作成した記事の対価として報酬を得るライターにとって、質の良い記事を書き上げることは必須のスキル。しかしいざ書いてみると、文章はまとまっているものの面白みに欠けていたり、情報を無造作に集めただけの文章になっていたりと、いまいち出来の良くない仕上がりになってしまう人も多いのではないだろうか。今回はもう一段階記事の質をあげ、ライターとしてレベルアップを図りたい人のために、思わず読みたくなってしまうような記事を作成するためのコツをご紹介。

 まず大事なポイントは「読者の気持ちを考える」こと。読者がなぜこの記事にアクセスするのか、どういう情報を得たいのか、という読者のニーズを理解することで、読者が読みたいと思う記事を作成できるようになる。例えば「異性と仲良くなる方法」と検索する人は、「異性からモテていない」「異性からモテたい」「交際相手が欲しい」という現状があり、「どうすればモテるのか」「どうすればうまく話せるのか」「どういう服装を着ればいいのか」などと、知りたい情報がたくさんあるはずだ。このように、読者の「現状」を理解して、「どう改善したいのか」を汲み取り、「改善するための方法」を提示することが、質の良い記事を作成するコツにつながるだろう。

 また、「情報の取捨選択」も大きなポイント。膨大な量の情報の中から、面白く読者が興味を持ちそうな情報を絞って記事を書き進めなければならない。自分が記事を読む時を想像しても、ありふれた普遍的な情報より、新しく少し変わった情報の方が知りたいと思うはず。ただし、面白い情報がたくさんあったとしても詰め込みすぎてしまうのは厳禁。文字数が限られた記事の中で多数の情報を紹介しても、ひとつひとつの情報が薄っぺらくなり読み応えがなくなってしまう。「コレだ!」と思った情報にだけ的を当てて、そこを掘り下げて記事を書き進めるようにしよう。

 面白い情報を取り入れるためには常にアンテナを張り巡らせておくことも重要。様々なジャンルの記事を書くライターにとっては、中には自分が興味ないことについて書かなければならないこともあるだろう。そんな時でも良い記事を書くためには、SNSやテレビなどで話題になっている最新の情報を取り入れておかなければならない。世間の動向や流行りに常に敏感であるように意識することが大切だ。

 書いている本人の都合で記事を書くのではなく、読者の立場からの視点を持つことが「読者が本当に読みたいもの」を掴むコツ。思わず手を止めて読んでしまうような記事を書き、ライターとしてのレベルアップを目指そう。

Comments are closed.