自社メディア運営前に必ず知っておきたい、「SEO」と「コンテンツマーケティング」の違い

自社メディア運営前に必ず知っておきたい、「SEO」と「コンテンツマーケティング」の違い

 最近よく耳にするようになった“Webマーケティング”。中でも「SEO(または、検索エンジン最適化)」や「コンテンツマーケティング」は、Webマーケティングにおける基本的な集客方法として話題に上る手法だ。この2つの方法はWebマーケティングという大きな観点から見れば同じ括りとされるため、それぞれの考え方がごちゃまぜになっている人も多いだろう。

 しかし2つのマーケティング方法には明確な目的の違いがあり、自社メディアの運営を行う上でこれらの違いを理解していないことは言語道断。そこで今回は、「SEO」と「コンテンツマーケティング」の違いについて解説していきたい。

 まず「SEO」とは、検索結果に自社メディアのサイトをより多く露出させるために行う対策のことを指し、「SEO」を通じてあらゆる側面からサイトの改善を図りビジネスの成長を促進させることが可能。そのためアクセス数やPV数の獲得、検索キーワードの上位表示を目的としており、また特徴として一般的な広告と違い集客に費用が掛からないことが挙げられる。

 また「SEO」施策のさらなる強化を目的にした、「コンテンツSEO」と呼ばれる手法を使用することも。具体的には、サイト内の情報量を増やしコンテンツを充実させることで、検索エンジンからの集客を増やす方法を主に用いる。

 続いて「コンテンツマーケティング」とは、ユーザーの集客を主な目的とした「SEO」と違いユーザーの顧客化を主な目的に掲げ、自社メディアを通じて収益を上げることに重きを置く。「コンテンツマーケティング」の流れを簡単に説明すると、検索エンジンから自社メディアの存在を認知したユーザー(潜在顧客)がサイトに興味や関心を持ち(見込顧客)、新規顧客としてサイト上で販売する商品を購入することでお互いの信頼関係を築き、最終的に常連顧客として継続して自社メディアを利用してもらう、といった流れになる。

 潜在顧客へのアプローチに関しては、PV数の獲得やサイトの上位表示を目的とする「SEO」が強みを発揮する一方で、それ以降のユーザーの顧客化や収益につながる顧客の行動促進という点では「コンテンツマーケティング」が強い。両者の手法を効果的に行ったとしても、良質なコンテンツを生み出さない限りユーザーの顧客化は望めない。Webマーケティング対策と同時に、コンテンツの質向上も合わせて取り組んでいきたいところだ。

Comments are closed.