合言葉は「Ctrl+」! ライティングスピードを倍速に上げるショートカットキー特集

合言葉は「Ctrl+」! ライティングスピードを倍速に上げるショートカットキー特集

 日々迫りくる締め切りに追われながら記事の執筆をこなすライターにとって、作業効率の悪さやライティングの遅さは死活問題になりかねない。特にライティングスピードの向上は、多くのライターが抱える課題といえる。そこで今回はライティング上級者でも役に立つ、ライティングのスピードを倍速に上げてくれる「Ctrl」を使った便利なショートカットキーを紹介しよう。

 ライティング初心者の中には“コピー”や“貼り付け”と聞くと、マウスの右クリックを使って作業をする人も多いだろう。しかし「Ctrl」を使うことで作業がより簡単になり、ライティングスピードも格段にアップすること間違いなしだ。

 「Ctrl」を使った基本的なショートカットキーはたったの5つ。コピーしたい文字を選択した状態で「Ctrl+C」を押すと簡単にコピーすることができ、「Ctrl+V」を押すことでコピーした文字の貼り付けができる(ちなみに、文字の書式を反映せずに貼り付けたい場合には「Ctrl+Shift+V」を押すだけ)。さらに「Ctrl+X」を押すことで、選択した部分を切り取ることができる。

 また「Ctrl+A」を押すことでページ全体の文字全てを選択することができ、文頭から文末までマウスをドラッグする手間が省けてしまう。さらに「Ctrl+Z」を押すことで、間違えて消した文章を元の状態に戻すことも可能。この簡単な5つのショートカットキーを覚えておくだけで、普段のライティング作業をより効率的にこなせすことができるだろう。

 他にも選択した文字を太くしたい場合には「Ctrl+B」を、文字の下に線を引く場合には「Ctrl+U」を、文字を斜めにしたい場合は「Ctrl+I」といったショートカットキーが使える。ちなみに文章内のキーワード検索に便利なショートカットキーが「Ctrl+F」。出てきた検索ウィンドウにキーワードを入力することで、文章中で一致する単語が注目表示されるため特定の単語を検索したい時に便利。

 ブラウザ上でもショートカットキーは大いに役に立つ強い味方だ。「Ctrl+T」を押すことで新しいタブを開くことができるので、同時に多くのサイトから情報収集が必要な場合に活用できる。また閉じたタブが再び必要になった時は、「Ctrl+Shift+T」で復活するため履歴の中から探すよりも断然効率的。

 ショートカットキーを使いこなす秘訣は、とにかく使い続けること。全てのショートカットキーを使う必要はないが、特に“コピー”や“貼り付け”といった頻繁に行う作業だけでもマウスの操作からショートカットキーに置き換えるだけで、ライティングスピードが上がるなら覚えていて損はないだろう。

Comments are closed.