お金をしっかり稼ぎながらWEBライターになる方法 フリーで仕事を始めるのはヤバい?

お金をしっかり稼ぎながらWEBライターになる方法 フリーで仕事を始めるのはヤバい?

 ネットが世界中に普及したことで登場した職業「WEBライター」。芸能人の悪口を書いたり、どうでもいいトレンドを世に発信したり、テレビの内容をただ書き起こしたりなど、はたからみるとなんともお気楽そうな職業。こんな仕事でお金が貰えるならやってみたいという人も多い……多少はいるはず! そこでWEBライターになる方法を紹介しよう。

 まずおススメ“できない”のが、いきなり個人でライター活動を始めること。どこかの大きなサイトに登録して依頼された記事を執筆すれば、確かに簡単にWEBライターになれるのだが、なんといっても単価が激安。一文字1円以下の案件がほとんどといった状況。その上登録サイトに手数料などを払わなければならないので全くといって良いほど手元にお金が入ってこない。

 「最初は激安の案件も受けて数をこなしていこう!」なんてさまざまな「WEBライターになるためには」といったサイトに書かれているが、ライティングの平均スピードはそこそこ慣れた人で、一時間で800~900文字くらい。一記事の文量もこれくらいのものが多い。文字単価を仮に0.5円とするならば(これでも初心者では破格の高さ)一記事400円程度となる。

 ここで「なんだ最初は、時給400円くらいの仕事をこなして徐々に単価を上げていけばいいのか」と思ってしまった人。考えが甘い。執筆した記事はクライアントから“お戻し”がきて指摘されたように修正しなければならない。通常、このラリーを数回やって記事が完成となる。そうすると下手したら半日かけて一記事を書きあげるということにもなる。半日かけて報酬は400円、さらにそこから手数料も引かれると時給は100円? それ以下?。果たしてこんな仕事をどれだけの人が「数をこなせる」というのか。

 そこでおススメがWEBライターの仕事をしている会社に入ること。WEBライターを目指している人は在宅ワークに憧れ、会社に出勤しないでお金を稼げる生活をしたいようだが、会社に出勤すれば時給が出て最低賃金は保障される。しかもそこでライティング技術や、仕事の流れを学べるのだからいいこと尽くし。また、“本当の”記事単価もわかるだろう。

 もちろんこれは1つの案であり、厳しいところから成長し売れっ子ライターになってバリバリ稼いでいる人もいる。だが、いきなりフリーで始めるのはそれなりの覚悟が必要ということは知っておいた方が良いだろう。

Comments are closed.