標語「安全第一」誕生秘話 

標語「安全第一」誕生秘話 

 工事現場などで見かける「安全第一」という文字。四字熟語のようで、昔から日本で使われていた言葉に思われるかもしれないが、実はアメリカ合衆国で誕生した標語である。

 1900年代初頭。世界恐慌の少し前になるが、すでにアメリカは不景気だった。労働者たちは劣悪な環境の中、危険な業務に従事。その結果、多くの労働災害に見舞われた。世界有数の規模を誇った製鉄会社「USスチール」の社長であったエルバート・ヘンリー・ゲーリー氏は、過酷な労働を強いられる従業員の苦しむ姿に心を痛めていた。

「生産第一、品質第二、安全第三」

 当時は安全や品質よりも、生産がすべてだった。それを熱心なキリスト教徒でもあったゲーリー氏が抜本的に変革。経営方針をひっくり返した。

「安全第一、品質第二、生産第三」

 この方針が実行されると、労働災害はたちまち減少。品質、生産ともに上向き始めた景気の波に乗り、「安全第一(safety-first)」という標語がアメリカ全土に広まった。その後、世界中でも使われるようになった。

 日本において「安全第一」の標語は、ご存知の通り工事現場や工場などで掲示され、度々目にする。「安全」と「第一」の間に緑十字が配置されたその文字は、旗や垂れ幕のほか、作業員のヘルメットや作業車両などにも書かれる。

 しかし昨今、過度な「安全第一」の意識が広がっている。作業員が軽度の労働災害に見舞われた際「会社に迷惑をかけるとクビになるかも」「もう、仕事の受注できなくなるかも」などの不安に陥り、労働者災害補償保険に加入していても、会社に報告せずに健康保険などの本来使用の異なる対処をしてしまうケースが多々起きてしまう。

 どうやら、自分の体の安全が第一ではなく、会社に残ることの安全が第一に変わってしまったようだ。標語の誕生した経緯を、もう一度よく考える必要があるのかもしれない。

Comments are closed.