間違えて読むと誤字に繋がる!「既出」の正しい読み方

間違えて読むと誤字に繋がる!「既出」の正しい読み方

190314_kishutu_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・既出

Twitterで「既出」と検索すると、「“ガイシュツ”じゃないのか…」「たしかにキーボードで、“ガイシュツ”と打っても変換できない」「長い間“ガイシュツ”だと思ってた!」「“既出”と“即出”を見間違えて、“ソクデ”って読んでたよ~」という人が続出していました。

「既出」は「キシュツ」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「すでに示されていること」を「既出」と表現するそうです。

読み方を知った人からは「“キシュツ”って読むの!?」「読み方だけじゃなくて漢字も書き間違えてました…」「“キシュツ”だったのか。“ガイシュツ”と勘違いして“概出”って書いてた」など困惑の声が。読み間違えた上に、書き間違えることもある難しい漢字ですね。

「灰汁」の強い読み方にご用心! 料理するときに注意したい難読漢字

「灰汁」の強い読み方にご用心! 料理するときに注意したい難読漢字

190313_aku_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違いがちな漢字の使い方を解説していきます。

・灰汁

Twitterで「灰汁」と検索すると、「“ハイジル”は間違いだったのか…」「レシピ読むたびに“ハイジュウ”って読んでたよ」「“ハイジル”と“ハイジュウ”どっちも違うの?」と2通りの間違い方が見られました。

「灰汁」は「アク」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「山菜や野草などに含まれる、渋み・えぐみなどのもとになる成分」や「肉などを煮たときに、煮汁の表面に浮き出る白く濁ったもの」、「独特のしつこさや粘っこさなどがあって、なじみにくい個性」のことを「灰汁」と表現します。

正しい読み方を知った人からは「“アク”って読むのか」「これでちゃんと料理が作れる!」「“ハイジュウ”じゃなくて“アク”なんだね。初めて知った」など驚きの声が相次いでいます。「灰汁」が読めないと、料理の失敗に繋がるかもしれませんよ。

読み方を「具に」調べよう! 漢字で書くと分からなくなる言葉

読み方を「具に」調べよう! 漢字で書くと分からなくなる言葉

190312_tubusani_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・具に

Twitterで「具に」と検索すると、「“グニ”じゃないんですか?」「とっさに“グニ”って読んじゃったけど、本当はどう読むんだろう…」「『具』と『貝』を見間違えて“カイニ”って読んでしまった」「『具に』の読み方が分からないよ~」といった悲鳴が続出中。

「具に」は「ツブサニ」と読むのが正解です。「大辞林 第三版」によると、「細かで詳しいさま、詳細に」「ことごとく、もれなく」のことを「ツブサニ」と表現するそう。

読み方を知った人からは「“ツブサニ”は漢字だと『具に』って書くのか」「全然知らなかったよ! 漢字って本当に難しい」「“ツブサニ”って言葉は知ってるけど、漢字は読めなかった…」と驚きの声が相次いでいました。読めない漢字に出会ったら、“ツブサニ”調べましょう。

「鑑みる」って読める?“なんとなく”で読みがちな難読漢字

「鑑みる」って読める?“なんとなく”で読みがちな難読漢字

190311_kangamiru_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と読み方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の読み方を解説していきます。

・鑑みる

SNSなどで「鑑みる」と検索すると、「なんとなく“カンミル”って読んでた」「間違いだったとは… でも、言われてみると違和感ある」「“カンミル”ってよく考えると変な響きだよね」など、困惑の声が上がっていました。

「鑑みる」は「カンガミル」と読むのが正解です。「大辞林 第三版」によると、「先例や規範に照らし合わせる」「他を参考にして考える」ことを「鑑みる」と表現するのだそう。

正しい読み方を知った人からは「“カンガミル”が正しいのか!」「『鑑みる』は“カンガミル”って読むんだ。たしかに“カンミル”と読むよりしっくりくるね」「読み方に違和感を覚えてたはずなのに、なんで今まで調べなかったんだろう…」という声が上がっています。漢字を“なんとなく”で読まないよう、気をつけましょうね。

いざというとき読み間違えると恥ずかしいかも… 「直向き」って何と読む?

いざというとき読み間違えると恥ずかしいかも… 「直向き」って何と読む?

190308_hitamuki_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・直向き

Twitterで「直向き」と検索すると、「“ジカムキ”だと思ってたよ~」「周りでも“ジカムキ”って読んでる人多いな」「“ナオムキ”じゃないの?」「もう何年も“ジカムキ”って言ってたけど、間違いだったのか!」といった驚きの声が続出していました。

「直向き」は「ヒタムキ」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「1つの物事だけに心を向けているさま」や「忍耐強く、いちずに打ち込むさま」を「ヒタムキ」と表現するそうです。

正しい読み方を知った人からは「まさか“ヒタムキ”と読むなんて…」「そんなにも特殊な読み方をするのか」「“ヒタムキ”ってあんまり漢字で書くことないもんね」「聞いたことはあるけど、いざ漢字を見ると読めない!」との声も。忍耐強く漢字を勉強しましょう。

猫を愛するすべての人に正しく読んでほしい… 「愛猫」の正しい読み方

猫を愛するすべての人に正しく読んでほしい… 「愛猫」の正しい読み方

190307_aibyou_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・愛猫

Twitterで「愛猫」と検索すると、「『愛猫』のこと“アイネコ”って読んで、友達に笑われたよ…」「“マナネコ”とは読まないのか」「ずっと“マナネコ”か“アイネコ”だと思ってたけど、どっちも間違いだった!」と2通りの間違い方があるようです。

「愛猫」は「アイビョウ」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「かわいがって大切にしている猫」「猫をかわいがること」を「愛猫」と表現します。

「愛猫」の正しい読み方を知った人からは「『愛猫』って“アイビョウ”と読むのか!」「“アイネコ”じゃなくて“アイビョウ”だったんだ!」「“マナネコ”でもないとは…」「猫飼ってるのに間違えて読んでたよ~」という声が相次いでいました。愛猫家の人は特に間違えたくない漢字ですね。

正しく読んだほうが伝わりにくい!?「店前」の正しい読み方

正しく読んだほうが伝わりにくい!?「店前」の正しい読み方

190306_tanasaki_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と読み方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の読み方を解説していきます。

・店前

SNSなどで「店前」と検索すると、「えっ“ミセマエ”じゃないの?」「今までずっと『店前』のことを“ミセマエ”って読んでた。まさか間違いだったなんて」「“ミセマエ”以外に読めないだろ!」「ほかにどう読めるんだ… 全然分からない」といった混乱の声が上がっていました。

「店前」は「タナサキ」と読むのが正解。「大辞林 第三版」によると、「みせの前、みせさき」「店頭」のことを「店前」と表現するそうです。

読み方を知った人からは「本当は“タナサキ”って読むのか!」「“ミセマエ”って読んだほうが伝わりやすい気がする…」「『“タナサキ”に置いといて』って店長に言われたとき、何のことか分からなかったな」という声も。正しく読んだほうが伝わりにくい、珍しい漢字ですね。

身近な言葉でも漢字だと…?「蘊蓄」の正しい読み方

身近な言葉でも漢字だと…?「蘊蓄」の正しい読み方

190305_untiku_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・蘊蓄

Twitterで「蘊蓄」と検索すると、「“蘊蓄”が読めない!」「初めて見る漢字だ」「予測変換に“蘊蓄”って出てきた。どう読むの?」「“蘊蓄”って“ガンチク”って読むんだっけ」「こんな難しい漢字読めないよ…」など困惑の声が相次いでいました。

「蘊蓄」は「ウンチク」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「蓄えた深い学問や知識」「物を積み、蓄えておくこと」を「蘊蓄」と表現するそうです。

正しい読み方を知った人からは「“ウンチク”って読むのか!」「読み方は馴染み深いのに、漢字で書くと難しいんだね…」「なるほど、“ウンチク”か。確かに“ガンチク”は“含蓄”って書くもんな」との声も。身近な言葉でも漢字で書いてあると、途端に読めなくなるかもしれません。

ニュースで耳にすることも… 知っておきたい「乱高下」の正しい読み方

ニュースで耳にすることも… 知っておきたい「乱高下」の正しい読み方

190304_ran_01
普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違えがちな漢字の使い方を解説していきます。

・乱高下

Twitterで「乱高下」と検索すると、「ずっと“ランコウカ”だと思ってたよ~」「『乱高下』って、そもそも読めない!」「誤読だったの!? 今日、同僚に『仮想通貨の“ランコウカ”激しいね』って話してしまった」など困惑の声が続出していました。

「乱高下」は「ランコウゲ」と読むのが正解です。「デジタル大辞泉」によると、「相場などが短期間のうちに激しく上下に動く」ことを「ランコウゲ」と表現するそう。

本来の読み方を知った人からは「“ランコウゲ”と読むのか。初めて知った」「ビジネスマンとして間違えたくない漢字だね…」「よく思い出してみるとニュースでも、『為替相場が“ランコウゲ”』と言ってた気がする」といった声が相次いでいます。社会人同士で話す際は、間違えないようにしたいですね。

「手繰る」って読める? 読み方を「手探り」しがちな難読漢字

「手繰る」って読める? 読み方を「手探り」しがちな難読漢字

190301_taguru_01

普段何気なく目にして、何気なく使っている漢字。しかし意外と使い方を間違えていたりすることがあるかも。この記事では、間違いがちな漢字の使い方を解説していきます。

・手繰る

Twitterで「手繰る」と検索すると、「“テサグル”じゃなかったの!?」「『手繰る』という表記を見たとき、考えた挙句“テサグル”って読んでしまった」「“テアヤツル”と読むものだと…」「もはや“テサグル”とすら読めなかったよ」など困惑の声が上がっていました。

「手繰る」は「タグル」と読むのが正解。「デジタル大辞泉」によると、「両手で代わる代わる引いて手元へ引き寄せる」「物事をそれからそれへと引き出す」などを「手繰る」と表現するそうです。

正しい読み方を知った人からは「“タグル”だったのか…」「よく考えてみると“テサグル”は漢字で書くと『手探る』になるよな」「“テアヤツル”だと思ってたけど、『操』じゃなくて『繰』だった」といった驚きの声が続出していました。似ている意味合いや漢字に、惑わされないようにしましょう。