思わぬ落とし穴にはまってしまう前に! 知っておきたいオウンドメディアのメリットとデメリット

思わぬ落とし穴にはまってしまう前に! 知っておきたいオウンドメディアのメリットとデメリット

 TwitterやFacebook、Instagramといった多種多様なSNSが普及したことで、集客や収益を増やすことを目的にSNSを活用する企業は多い。中でも“オウンドメディア”と呼ばれる自社メディアを運営することで、自社サービスの情報発信や自社ブランドのイメージアップを図ることができると、多くの企業が続々とオウンドメディアを始めている。

 効果的に運営すれば大きな利益をもたらすオウンドメディアだが、一歩でも運営方法を間違うと企業自体の信頼を失いかねない思わぬ落とし穴にはまることも…。そこで今回は始める前に知っておきたい、オウンドメディアを運営するメリットとデメリットを紹介しよう。

 オウンドメディアを始めるだけで簡単に集客が可能になった今の時代、“情報の拡散能力”を持つオウンドメディアを運営することが何よりも重要。定期的に情報の発信やコンテンツ量を増加させることで、SNS上におけるユーザー同士による情報の拡散も期待できる。特に質の高い情報を日々発信することで、興味や関心を持ってサイトを訪問してきた見込み顧客を新規顧客として獲得し、将来的に継続した収益を上げることも夢ではない。

 そして何と言っても、オウンドメディア最大のメリットは“広告に依存したWebマーケティングからの脱却”だろう。実際マス広告やバナー広告は、費用をかけるほどサイトの認知度は上がり、自社メディアへの集客にも期待が持てる。しかし下手をすると、広告に費やす費用がかさむことで収益が下がり、結果的に企業の成長が鈍ってしまうという悪循環に陥ることも…。

 その点オウンドメディアを効果的に運用することで、広告からの一時的な集客ではなく検索エンジンからの自然な集客が望め、持続的な戦略が可能になり広告費用の削減も可能に。また、継続してサイトを訪問するユーザーとの信頼関係を深め、サイトが提供する商品やサービスのファン育成にも役立つ。メリットだらけのオウンドメディアだが、意外にも落とし穴は存在する。

 不確定な情報を記載した記事の掲載などで、サイトの閉鎖にまで追い込まれた“WELQ騒動”は記憶に新しいだろう。この騒動からも分かるように、“炎上”はオウンドメディアを持つ大きなデメリットの1つ。話題に上るコンテンツや記事の作成は、集客を大きく伸ばす戦略として使われることもあるが、逆に炎上騒動にまで発展してしまうと企業自体の信頼を落とすことにもなりかねない。

 またオウンドメディアの運営は長期的な施策であるため、“即効性に欠ける”というデメリットも挙げられる。目に見える結果が出るまで質の高い情報を継続して更新する必要があり、最低でも3カ月から1年程度は様子を見たほうがいいそう。また読み応えのある記事100本を1度に公開すればアクセス数が急増する、という裏ワザが通用するわけでもなく、地道に運営を続けることが何よりも大事だといえる。

インスタ映え間違いなし! 世界一おしゃれなネコのお家が登場

インスタ映え間違いなし! 世界一おしゃれなネコのお家が登場

『ポンポンつき! キャットハウスBOOK』(宝島社)
『ポンポンつき! キャットハウスBOOK』(宝島社)

ねこの魅力をたっぷり紹介した『ポンポンつき! キャットハウスBOOK』が、2018年2月2日(金)に発売される。

同書は、話題のねこカフェ「Cat Cafe てまりのおしろ」の取材の様子や、著名人に聞いた「#ねことわたし」のエピソード、SNSのねこたちを集めた「#うちのにゃんこスター」などを紹介していく。

付録はキャットハウス。ねこの喜ぶ仕掛けが盛りだくさんで、サイズもねこが入りたくなるちょうどよさ。入ったときに顔が出せるよう、上にも穴があり、側面は擦れると音が鳴る素材が使われている。

SIZE(約)縦31×横31×奥行き31cm
SIZE(約)縦31×横31×奥行き31cm

 

折りたたみ時SIZE(約)直径14×厚さ4cm
折りたたみ時SIZE(約)直径14×厚さ4cm

 

180131_cathouse_04

 

180131_cathouse_05

 

鈴入りのポンポンつき
鈴入りのポンポンつき

 

擦れると音が鳴る素材
擦れると音が鳴る素材

 

擦れると音が鳴る素材
擦れると音が鳴る素材

 

さらに、柄は細部までこだわった洋服を提案する大人気ブランド、フランシュリッペの「ねこ図鑑」をプリント。ねこが遊び終わったら、コンパクトに折りたたんでしまうことができる。大切なねこへプレゼントしてみてはいかが?

編集業界を目指す人必見! 編集者にとって必要な4つの能力

編集業界を目指す人必見! 編集者にとって必要な4つの能力

 編集という仕事は高い専門性があるにも関わらず、他の専門的な職業と違い必要な資格はなく、逆に持っていて有利になる資格も特にない。そのため「編集者になりたいけど、必要な能力ってあるの?」と疑問を抱く人も多いだろう。そういった疑問を持つ人や、編集の仕事に憧れ出版社や編集プロダクションへの就職を考えている人のために、編集者として必要な4つの能力を紹介しよう。

 編集者として働く上で、何事にも好奇心や探求心を持ち仕事に取り組む姿勢は大前提。様々なジャンルの本や雑誌を年間何百冊も製作する出版社に勤める場合、自分好みのジャンルに携われるとも限らない。そのため配属先の部署が扱う本や雑誌が興味のない分野だったとしても、その分野について“知りたい”と思える好奇心を持つことは何よりも重要になってくる。

 好奇心を持って幅広い知識を身につけると同時に、“高い情報取集能力”も編集者になるための必要な能力の1つ。日々世の中に新たな情報を発信し続ける編集者にとって、様々な情報をいち早く仕入れるために常にアンテナを張っておくことは、もはや仕事の一環。日頃から新聞や雑誌、ネットなどに目を通し、セミナーへの出席を通して豊富な知識を持つ専門家と知り合ったりと、情報源や人脈を拡げることで斬新な企画の発案に繋がる。

 また“コミュニケーション能力”も編集者が身につけておくべき能力だ。作家との良好な関係を築く上での意思疎通は欠かすことができず、また企画を成立させるためにプレゼンテーションを行うなど、編集者がコミュニケーション能力を問われる場面は意外にも多い。また企画が通り出版が決まった後も、営業や宣伝といった関係部署との交渉が待っており、逆に企画がボツになった際には上手く作家に伝え、互いの関係を悪化させないように注意することも必要になる。

 最後に“身体は資本”という言葉の通り、体調管理は編集者にとって何よりも大切。編集者といえども1日中机に向かって仕事をするわけではなく、企画会議ややクライアントとの打ち合わせ、時には長期の取材への対応を求められることもあり重労働は確実。念願かなって編集者になれたとしても、身体を壊して退職なんて事態になりかねない…。そのため常に体調管理には気をつけ、万全の状態で仕事に励むことが必要だ。

 華々しい世界を夢見て編集業界に飛び込む人も多いが、ある編集者が言うように編集という仕事は実はとても地味。しかし提案した企画が通り、1冊の書籍として世に出せた時の達成感は想像以上に大きなもの。これから編集者を目指す人は、今回紹介した能力を参考に夢を追いかけてもらいたい。

発売即重版! 話題の楽曲「お義父さん」の小説版が大好評!

発売即重版! 話題の楽曲「お義父さん」の小説版が大好評!

『お義父さん』(はなわ/KADOKAWA)
『お義父さん』(はなわ/KADOKAWA)

第59回「輝く! 日本レコード大賞」で企画賞を受賞した話題の楽曲「お義父さん」。その小説版である『お義父さん』も大好評で、発売即重版になるほど人気を博している。

「お義父さん」は、芸人・はなわが発表した楽曲。2017年3月にYouTubeに公開されると20日間で100万回再生を突破し、涙腺崩壊ソングとして注目が集まった。

小説版『お義父さん』は楽曲同様、実話をもとにはなわ家の夫婦愛や家族愛が綴られた一冊。笑って泣ける極上感動ストーリーを展開していく。

<もくじ>
序章:智子さん
第1章:秘密の儀式
第2章:宿命のライバル
第3章:柔道部物語
第4章:とっておきのブツ
第5章:運命の人
第6章:彼女は天然色
第7章:彼女の彼氏
第8章:上京劇場
第9章:再会の宴
第10章:ラブレター
第11章:眠れない夜
第12章:同棲芸人
第13章:漫才コンビ
第14章:長男誕生
第15章:ふたたびの佐賀へ
終章:お義父さん

週間ベストセラー・ランキングでは、2017年末に「紀伊國屋書店・グランフロント大阪店」で和書3位、「新宿本店」で6位に入るなど大型書店でも上位を獲得。好評を受け、発売即重版が決定した。
180129_otosan_02

楽曲だけでなく、小説も注目を集める「お義父さん」をチェックしてみてはいかが?

プロ顔負けの文章力を手に入れるための5つの方法

プロ顔負けの文章力を手に入れるための5つの方法

 編集プロダクションに勤め様々な記事を書き上げるライターにとって、文章の質を上げることは必要不可欠といえる。しかし長年プロのライターとして活躍する人でも、簡潔で読みやすく、さらに分かりやすい文章を書くことは至難の業。そこで今回は文章力が上がらないと悩む新米ライターや、ライター職への転職を考えている未経験者に向けた、文章力を鍛える基本的なトレーニング方法を紹介しよう。

 文章を書くためには論理的な思考力や表現力など、多くのスキルが必要。中でも、簡潔で的確な文章を書くために重要なスキルが読解力といわれる。読解力を鍛えるには“語彙を増やす”という方法があり、中でも本を読みながら自然と語彙力を身につけるトレーニング方法が一般的だ。

 さらに幅広いジャンルの本を読むことで、語彙力のほかにも様々な著者の表現方法や文章技術に触れることができる。分からない言葉や初めて見る表現なども辞書を使って調べつつ、実際に文章を書く時に取り入れながらライティングの質の向上を目指そう。

 そして意外にも見落としがちなトレーニング方法の1つに“日常会話”がある。「人と会話することと、文章を書くことって関係あるの?」という疑問の声が聞こえてきそうだが、人と話すことで相手が理解できるように話を組み立てる“構成力”が身につく。構成力は文章を書く上での重要な要素で、構成を変えるだけで読み手をグッと惹きつけることもできてしまうほど。また構成力が身につくと、ライティングが楽になることもある。

 文章力を鍛えるためには、“読む”こと以上に“書く”ことも重要。誤字・脱字を出さないことも大切だが、中でも文中の“てにをは”ミスは避けたいところ。たった1文字の違いで文章全体の意味がまるっきり変わってしまうこともあり、ライター経験者なら口を酸っぱくして注意された人も多いのでは? “てにをは”を理解することは、読みやすい文章を書くための最初の1歩ともいえる。

 “てにをは”以外にも、同じ表現や言い回しを繰り返し使うことで文章のリズムが狂ったり、主語と述語のつながりにズレが生じることで読みにくい文章になり、文中の重要な部分が読み手に伝わらなくなってしまうことも…。1文に多くの情報を盛り込みすぎないことも、簡潔な文章を書く上で気をつけたいテクニックの1つだ。

 また書き終えた文章を添削してもらうことも、文章力をあげる上で必要なトレーニングになる。コツとしては身近な人よりも、第3者やプロに文章を添削してもらうほうが的確なアドバイスをもらえる場合が多くおススメ。最近では数百円からの有料の添削サービスもあり、活用してみてもいいかも。

 今回紹介したトレーニングは基本的なものばかりだが、文章力を鍛えるには基本を理解し繰り返すことが何よりも重要。基礎である土台がしっかりすれば、高度なスキルも容易に積み重ねることができる。

「やせるおかず」の次は「頑張らないエクササイズ」が大人気!? honto月間ランキング大発表!

「やせるおかず」の次は「頑張らないエクササイズ」が大人気!? honto月間ランキング大発表!

「hontoサービス」実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂と「honto.jp」サイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計した、「honto月間ランキング(集計期間:2017年12月)が発表された。早速総合ランキングをご紹介しよう。

■honto総合ランキング
180125_honto_01

1位:『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』/佐久間健一/サンマーク出版
2位:『漫画 君たちはどう生きるか』/吉野源三郎(原作)、羽賀翔一(漫画)/マガジンハウス
3位:『悲嘆の門 上』(新潮文庫)/宮部みゆき/新潮社
4位:『ざんねんないきもの事典 おもしろい! 進化のふしぎ』/今泉忠明(監修)/高橋書店
5位:『悲嘆の門 中』(新潮文庫)/宮部みゆき/新潮社
6位:『キャロリング』(幻冬舎文庫)/有川浩/幻冬舎
7位:『医者が教える食事術最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』/牧田善二/ダイヤモンド社
8位:『悲嘆の門 下』(新潮文庫)/宮部みゆき/新潮社
9位:『はやわざ年賀状2018』/インプレス年賀状編集部(編)/インプレス
10位:『なりたい』(新潮文庫「しゃばけ」シリーズ)/畠中恵/新潮社

<2017年12月ランキングについてhonto総合書店広報担当が解説>
総合ランキングは、宮部みゆきや有川浩といった人気作家の文庫化作品がランクインする中、『漫画 君たちはどう生きるか』を抑えて『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』がランキングの第1位に。2017年5月に発売されたタイトルですが、12月に人気テレビ番組で特集されたことで再度注目が高まりました。
12月の季節物としては、『はやわざ年賀状2018』や、本の通販ストアランキングで『センター試験』関連本が上位にランクインしています。受験生の皆さんはいよいよラストスパートですね。
小説・文学ランキングは、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ作品が根強い支持をうけ上位を占める中での目玉は、5位にランクインした今村昌弘の『屍人荘の殺人』。デビュー作にして「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「本格ミステリ・ベスト10」といった国内主要ミステリーランキング3冠を達成。これからが楽しみな大型新人の作品です。
ビジネス書ランキングは、元参議院議員の田村耕太郎の『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』に注目。人間関係に悩むサラリーマンへの仕事論です。2017年は色々な流行がありましたが、2018年のランキングはどのようになるのか楽しみです。(honto広報担当:土佐勝彦)

■honto本の通販ストアランキング
1位:『センター試験対策問題パック 2018』(河合塾SERIES)/河合出版編集部/河合出版
2位:『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』/佐久間健一/サンマーク出版
3位:『大学入試センター試験過去問レビュー英語 30回分掲載 2018』(河合塾SERIES)/河合出版編集部(編)/河合出版
4位:『マーク式総合問題集英語 2018』(河合塾SERIES)/河合塾英語科(編)/河合出版
5位:『天涯無限 架空歴史ロマン』(KAPPA NOVELS アルスラーン戦記)/田中芳樹/光文社

■honto電子書籍ストアランキング
1位:『【期間限定価格】海外ドラマはたった350の単語でできている』/Cozy/西東社
2位:『おっぱい番長の「乳トレ」 ダメ乳、ポッコリお腹、肩こり撃退!』/朝井麗華/講談社
3位:『会話が弾む! 一目置かれる! 気の利いた「ひと言」辞典』/渡辺 由佳 /講談社
4位:『【期間限定価格】蜜蜂と遠雷』/恩田陸/幻冬舎
5位:『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』/佐久間健一/サンマーク出版

■hontoポイントサービス実施店総合ランキング
1位:『漫画 君たちはどう生きるか』/吉野源三郎(原作)、羽賀翔一(漫画)/マガジンハウス
2位:『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』/佐久間健一/サンマーク出版
3位:『悲嘆の門 上』(新潮文庫)/宮部みゆき/新潮社
4位:『ざんねんないきもの事典 おもしろい! 進化のふしぎ』/今泉忠明(監修)/高橋書店
5位:『悲嘆の門 中』(新潮文庫)/宮部みゆき/新潮社

■honto ジャンル別総合ランキング
【小説・文学】
1位:『日の名残り』(ハヤカワepi文庫)/カズオ・イシグロ(著)、土屋政雄(訳)/早川書房
2位:『天涯無限 架空歴史ロマン』(KAPPA NOVELS アルスラーン戦記)/田中芳樹/光文社
3位:『妻に捧げた1778話』(新潮新書)/眉村卓/新潮社
4位:『わたしを離さないで』(ハヤカワepi文庫)/カズオ・イシグロ(著)、土屋政雄(訳)/早川書房
5位:『屍人荘の殺人』/今村昌弘/東京創元社

【コミック】
1位:『進撃の巨人 24』(講談社コミックス週刊少年マガジン)/諫山創/講談社
2位:『ハイキュー!! 29』(ジャンプコミックス)/古舘春一/集英社
3位:『ワンパンマン 15』(ジャンプコミックス)/ONE(原作)、村田雄介(漫画)/集英社
4位:『名探偵コナン 94』(少年サンデーコミックス)/青山剛昌/小学館
5位:『七つの大罪 29』(講談社コミックス週刊少年マガジン)/鈴木央/講談社

【ビジネス書】
1位:『SHOE DOG 靴にすべてを。』/フィル・ナイト(著)、大田黒奉之(訳)/東洋経済新報社
2位:『自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング』/アラン・ピーズ(著)、バーバラ・ピーズ(著)市中芳江(訳)/サンマーク出版
3位:『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』/田村耕太郎/朝日新聞出版
4位:『大人の語彙力ノート 誰からも「できる!」と思われる』/齋藤孝/SBクリエイティブ
5位:『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』/リンダ・グラットン(著)、アンドリュー・スコット(著)、池村千秋(訳)/東洋経済新報社

■honto男女別総合ランキング
【男性】
1位:『漫画 君たちはどう生きるか』/吉野源三郎(原作)羽賀翔一(漫画)/マガジンハウス
2位:『センター試験対策問題パック 2018』(河合塾SERIES)/河合出版編集部/河合出版
3位:『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』(講談社現代新書)/鴻上尚史/講談社
4位:『悲嘆の門 上』(新潮文庫)/宮部みゆき/新潮社
5位:『ギリシア人の物語 3 新しき力』/塩野七生/新潮社

【女性】
1位:『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』/佐久間健一/サンマーク出版
2位:『漫画 君たちはどう生きるか』/吉野源三郎(原作)、羽賀翔一(漫画)/マガジンハウス
3位:『なりたい』(新潮文庫「しゃばけ」シリーズ)/畠中恵/新潮社
4位:『キャロリング』(幻冬舎文庫)/有川浩/幻冬舎
5位:『悲嘆の門 上』(新潮文庫)/宮部みゆき/新潮社

■honto年代別総合ランキング
【20代】
1位:『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』/佐久間健一/サンマーク出版
2位:『キャロリング』(幻冬舎文庫)/有川浩/幻冬舎
3位:『この素晴らしい世界に祝福を! 13』(角川スニーカー文庫)/暁なつめ(著)、三嶋 くろね(イラスト)/KADOKAWA
4位:『漫画 君たちはどう生きるか』/吉野源三郎(原作)、羽賀翔一(漫画)/マガジンハウス
5位:『妻に捧げた1778話』(新潮新書)/眉村卓/新潮社

【30代】
1位:『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』/佐久間健一/サンマーク出版
2位:『センター試験対策問題パック 2018(河合塾SERIES)』/河合出版編集部/河合出版
3位:『漫画 君たちはどう生きるか』/吉野源三郎(原作)、羽賀翔一(漫画)/マガジンハウス
4位:『キャロリング』(幻冬舎文庫)/有川浩/幻冬舎
5位:『転生したらスライムだった件 11』(GC NOVELS) /伏瀬(著)、みっつばー(イラスト)/マイクロマガジン社

【40代】
1位:『漫画 君たちはどう生きるか』 /吉野源三郎(原作)、羽賀翔一(漫画)/マガジンハウス
2位:『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』/佐久間健一/サンマーク出版
3位:『天涯無限 架空歴史ロマン』(KAPPA NOVELS アルスラーン戦記) /田中芳樹 /光文社
4位:『悲嘆の門 上』(新潮文庫)/宮部みゆき/新潮社
5位:『キャロリング』(幻冬舎文庫)/有川浩/幻冬舎

■書店員のイチ押し(50音順)
【丸善】
●『移住者たちのリアルな声でつくった海外暮らし最強ナビ アジア編』/室橋裕和(編)、海外移住情報研究会(編)/辰巳出版
●『今そこにあるバブル』(日経プレミアシリーズ)/滝田洋一/日本経済新聞出版社
●『経済学部は理系である!?』/井堀利宏/オーム社
●『「元号」と戦後日本』/鈴木洋仁/青土社
●『パラダイス文書 連鎖する内部告発、パナマ文書を経て「調査報道」がいま暴く』/奥山俊宏/朝日新聞出版

【ジュンク堂書店】
●『コウペンちゃん』(KITORA)/るるてあ/KADOKAWA
●『人生散歩術 こんなガンバラナイ生き方もある』/岡崎武志/芸術新聞社
●『中原さん、経済オンチの私に日本の未来を教えてください』/中原圭介/SBクリエイティブ
●『日々の悩みが消える哲学手帳』/原田まりる/扶桑社
●『文学問題<F+f>+』/山本貴光/幻戯書房

【文教堂】
●『アカネヒメ物語』(徳間文庫)/村山早紀/徳間書店
●『先生白書』/味野くにお/イースト・プレス
●『次の突き当たりをまっすぐ』/いしわたり淳治/筑摩書房
●『通りすがりのあなた』/はあちゅう/講談社
●『肉弾』/河崎秋子/KADOKAWA

夢をかなえるチャンス! 他業種や未経験から編集プロダクションへ転職するためのアドバイス

夢をかなえるチャンス! 他業種や未経験から編集プロダクションへ転職するためのアドバイス

 幼い頃から本や雑誌が大好きでいつか出版業界で働くことに憧れ、就職活動では出版業界1本に絞って応募するも惨敗…。仕方なく内定をもらった別業種の会社に就職し働くが、夢を諦めらきれずに編集プロダクションへの転職を決意する、なんて人も多いのではないだろうか。しかし他業種や編集業務未経験から、いきなり編集プロダクションへの転職は可能なのか? 今回はそういった疑問をもつ人に向け、転職後に後悔しないためにも知っておいて損はないアドバイスをいくつか紹介しよう。

 転職前にまず考えておきたいこと、それは普段自分がどういったジャンルの記事や雑誌を好んで読んでいるかということだ。「なんだ、そんなことか」という声が聞こえてきそうだが、これは編集プロダクションで仕事を続けていくモチベーションを維持するためにも、重要な点になってくる。というのも編集プロダクションの中には、音楽やファッション、スポーツやゴシップなど専門的なジャンルに特化した会社も多い。そのため、全く興味のないジャンルばかりを扱う会社に入社してしまう可能性だって無きにしもあらずなのだ。

 また紙を主な媒体としているのか、WEB媒体が中心なのかも事前に調べておく必要があるだろう。もし本や雑誌を制作したいのであれば、紙媒体中心の編集プロダクションに転職することをおススメするが、高いパソコンスキルを編集業務にも生かしたいと考えているなら、WEB媒体を主に扱う編集プロダクションへの転職がいいだろう。

 さらに編集プロダクションの求人の多くは都心部に集中しているため、地方在住者は必然的に上京する必要があることも前提に職探しをすることになる。また給料も安い所がほとんどで、中には手取りが10万円程度という会社も多い。関東近郊に実家が無い人は、転職前に十分な貯蓄があることを確かめておいた方がいいかもしれない。

 ただ人気業種ゆえに、他業種からの転職者や編集やライター業の未経験者にとって編集プロダクションへの入社はハードルが高いことも事実。特に今まで定時に出社し定時に帰宅、残業も月に20~30時間程度の仕事を続けていた人にとって、労働時間が長い編集業は慣れるまでが大変だろう。また未経験者の場合、まずアルバイトとして採用され、そこから正社員登用を目指すことがほとんど。

 「激務」や「薄給」で有名な編集プロダクション業界だが、趣味を仕事として昇華できる喜びを味わえるのも編集という特殊な職業ならでは。「編集者になりたい」という夢を叶えるためにも今回紹介したアドバイスを胸に、転職が納得のいく形で成功することを祈るばかりだ。

「透明すぎて目視できない。17歳」 ロバート・秋山竜次の「クリエイターズ・ファイル」第34回は女優・藤原采が登場!

「透明すぎて目視できない。17歳」 ロバート・秋山竜次の「クリエイターズ・ファイル」第34回は女優・藤原采が登場!

180123_creaters_01

ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」のオフィシャルマガジン『honto+(ホントプラス)』最新vol.53号が、2018年1月11日(木)に発行された。

人気連載「クリエイターズ・ファイル」では、第28回日本クリスタルガールグランプリに輝いた期待の若手女優をピックアップ。ロバート・秋山竜次が扮する女優・藤原采(ふじわら・さい)が登場し、2018年夏公開の映画「浜辺の鳥」の撮影現場での密着取材から、「透明すぎて目視できない。17歳」と称される彼女の魅力に迫っている。

180123_creaters_02

ほかにも、新カバーモデルである女優・葵わかなのインタビューも掲載。好きなジャンルやオススメの本、読書について語っている。また“いつも本とともにある暮らし”を実践している人と書店を巡る不定期連載シリーズ「いっしょに書店、歩きませんか?」には、挿絵画家・グラフィックデザイナーの宇野亞喜良が登場。「丸善 丸の内本店」を巡り、宇野作品の源泉や、近刊『五月よ 僕の少年のさようなら』、『2ひきのねこ』について話を聞いている。

■『honto+』vol.53 2018年1月号
・表紙:葵わかな/撮影:井上佐由紀
・漫画は、教科書だ。あなたにとっての教科書は!? 漫画奨学金プレゼントキャンペーン
・「いっしょに書店、歩きませんか?」VOL.003:挿絵画家・グラフィックデザイナー宇野亞喜良
・「わたしのBOOK MARK」第10回:「オイシックスドット大地」代表取締役会長・藤田和芳
・秋山竜次(ロバート)presents! 連続インタビュー <クリエイターズ・ファイル>第34回清純派女優・藤原采(17歳)
・「完全犯罪請負人・臼田真二朗」第31回:最果タヒ
・「この棚がすごい!」第42回:丸善お茶の水店、MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店、丸善丸の内店
・「本といっしょに、気持ちを込めて。本とのギフト」
・新カバーモデルインタビュー:女優 葵わかなさん
・「漫画覚書―コマの外ではなにが起きているのか―」第51回:阿部和重
・「はじめちゃん」第7回:クリハラタカシ

編集プロダクションのライターも目から鱗! 質を落とさずライティングスピードを倍速に上げる鉄板術

編集プロダクションのライターも目から鱗! 質を落とさずライティングスピードを倍速に上げる鉄板術

 ライターとして文章を書いて食べていくには、平均1時間に800文字以上を書き上げる必要があり、中には30分で1,000文字を書き上げる強者もいるほど。特に、編集プロダクションに勤め日々締め切りに追われながら何本もの記事を書き続けるライターにとって、ライティングスピードはサラリーマンのスーツ同様、必ず身につけなければいけないスキルの1つ。

 経験や慣れが必要といえばそれまでだが、ライター初心者でも少しの工夫でライティングの質を落とすことなく、格段にスピードアップができる“コツ”はある! そこで編集プロダクションのライターも目から鱗の、ライティングスピードを倍速にする方法3つを紹介しよう。

 真っ先におススメする方法は、ライティング時間の設定。特にライターになり立ての頃は、1本の記事を何分で書き上げられるか時間の感覚が身についておらず、ダラダラと時間ばかりが過ぎていくなんてことも…。そこで自分の中でライティング時間を設定して“時間を意識する”ことで、時間の感覚が身につきスピードも自然に上がっていく。文章を書き始める前にタイマーを使ったり、途中経過の時間を記録するとより効果的だ。

 またタイピング中に意外と多く見られるのが、文字の変換ミス。文字を入力し最適な単語に変換しようとするも、いくつも出てくる変換候補に手間取り、なかなか最適な文字が見つからず、さらに間違った文字に変換してしまい入力し直すなんて経験がある人も多いはず。

 そこでおススメの方法が“単語登録”。やり方は至って簡単で、Windowsの場合だと言語バーの「ツール」から「単語/用例の登録」をクリックし、登録する単語を「読み」に、変換したい単語を「語句」に入力するだけ。単語登録を行うことで、タイピングの回数を減らせるだけでなく単語変換のミス防止にも繋がるため、ライティングスピードの短縮にも期待できる。

 さらにライティングを進める際にもスピードを上げる“コツ”はある。それは先に各見出しの結論と、その結論を補強するために集めた情報を“箇条書き”で書き出すというもの。この方法を使えば、1日に何本もの記事の依頼を受ける編集プロダクションのライターもまとめて一気に仕上げることができ、中には1,500文字程度のコラムを1日に最高20本も書き上げるプロのライターもいるほど。情報を箇条書きで書き出すことにより情報の取捨選択ができ、ライティングスピードを大幅に短縮することができるのだ。

 またライティング中に手直しをすることなく、まずは“書き切る”ことも重要。漢字の変換ミスや誤字・脱字などの細かいミスはいったん無視して書き進めることで、ライティングに集中できスピードもアップ。文章を書き終わった後はミスの修正も含め、読み手として客観的に文章をチェックすることも忘れずに。

アニメ化記念!『封神演義』が「スマートニュース」のマンガチャンネルに期間限定登場

アニメ化記念!『封神演義』が「スマートニュース」のマンガチャンネルに期間限定登場

180122_hoshinengi_01

1996年~2000年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載された大人気作品『封神演義』。2018年1月12日(金)から同作のアニメがスタートしたことを記念して、「スマートニュース」で漫画『封神演義』が期間限定連載されている。

「スマートニュース」のマンガチャンネルでは、これまで『GANTZ』や『嘘喰い』など集英社の漫画作品を期間限定連載で提供してきた。『封神演義』の期間限定連載では、第1話~第50話までを「スマートニュース」のマンガチャンネルで楽しむことができる。

『封神演義』は古代中国王朝の殷周革命を背景に、仙人や道士、人間が織りなす壮大なドラマを描いた作品で、中国明代に成立したとされる同名の小説がベース。一見うつけ者ながら、まれに見る頭脳を持つ主人公・太公望をはじめ、数多くの魅力的なキャラクターが登場し、いまでも根強い人気を誇っている。

2回目のアニメ化に伴い、『週刊ヤングジャンプ』で完全新作の『封神演義』が短期集中連載として復活する予定。「スマートニュース」での限定連載は2018年3月1日(木)までなので、早めにチェックしておこう。