不動の人気は夏目漱石!? 20年を迎える無料電子図書館「青空文庫」

不動の人気は夏目漱石!? 20年を迎える無料電子図書館「青空文庫」

1997年に発足したインターネット上の電子図書館「青空文庫」が、文学作品の無料公開を始めてから今年9月で20年を迎える。

ノンフィクション作家の故・富田倫生らによる呼びかけで発足した「青空文庫」は、著作権切れとなった文学作品を電子化し、ネット上で無料公開している。運営は非営利で行われ、書籍の電子化作業も全てボランティアが担当。

公開当初はプログラムなどの基盤が整っておらず、公開する作品数や閲覧者数は伸び悩んでいた。しかし、無料公開20年を目前に控えた現在、アクセス数は大きな伸びを見せ約1万4,000点もの作品を公開するまでに成長。公開作品の中には夏目漱石や森鴎外、芥川龍之介といった戦前を代表する文豪から、柳田国男や谷崎潤一郎などの作品までと幅広い。また活動に賛同する作家が認めた一部の作品も、同様に無料で公開されている。

「デジタル原色美女図鑑」スタート! 3人の女優を被写体に厳選されたカットを収録

「デジタル原色美女図鑑」スタート! 3人の女優を被写体に厳選されたカットを収録

img01
『real Nomura Masumi』

文藝春秋の電子書籍編集部は、電子写真集の新レーベルとして「デジタル原色美女図鑑」をスタート。8月25日(金)からは第1弾として、数多くの広告、雑誌、タレント写真集を手がける写真家・丸谷嘉長の写真集8冊を配信している。

img02
『S1』

被写体はドラマや舞台で活躍する女優の清水葉月、橋本真実、野村麻純の3人。清水は『S1』『S2』『S3』の3冊、橋本は『HASHIMOTO MAMI IN』『HASHIMOTO MAMI YOU』『HASHIMOTO MAMI TONE』の3冊、野村は『as is Nomura Masumi』『real Nomura Masumi』の2冊に、写真家と女優が数年の歳月をかけて向き合い、十数回もの撮影から厳選されたカットを収録。どの作品からも感情が揺さぶられるような、女優たちのさまざまな表情や体当たりの表現を感じとることができる。また、写真を抜粋した無料試し読み版も同時配信。

img03
『S2』
img04
『S3』
HASHIMOTO MAMI ☽ .indd
『HASHIMOTO MAMI IN』
HASHIMOTO MAMI ◯.indd
『HASHIMOTO MAMI YOU』
HASHIMOTO MAMI TONE.indd
『HASHIMOTO MAMI TONE』
img08
『as is Nomura Masumi』

■丸谷嘉長コメント
バックライトに浮かぶ画像はどこか曖昧さがある。写真は現実や肉眼と少し違う。だから紙とか一定の物に定着されて初めて存在してきた。ネットで写真集を見せるのはとてつもなく自由である。当然ながら、撮影方法やレイアウトだって変わる。ページをめくる行為がタップやスクロールになるから撮影時の光の方向も考える。後ろからの光のみで表すのだから、明るさの基準も考える。要は撮影する行為が変わったのだ。きっとネット写真集は見てくれる人の肉眼で初めて定着して存在出来る。曖昧だった画像がダウンロードされ、見られる事で写真となるはずです。

丸谷嘉長(まるたに よしひさ)
1962年神奈川県生まれ。赤坂スタジオに勤務後、富永民生氏に師事。1990年に独立、丸谷嘉長写真事務所を設立。人物撮影を中心に、雑誌や広告で活躍。広末涼子「teens」、藤原竜也「no control」、小西真奈美「27」、榮倉奈々「tremor」、松井玲奈「きんぎょ」など多くのタレント写真集も手がけている。

清水葉月(しみず はづき)
img09

1990年愛知県生まれ。舞台、映画、ドラマで幅広く活躍。主な出演作品に、舞台「髑髏城の七人」(劇団☆新感線)、映画「全員死刑」、テレビ東京「さぼリーマン甘太朗」など。

img10

橋本真実(はしもと まみ)
img11

1984年東京都生まれ。映画、ドラマを中心に活躍。主な出演作品に、テレビ朝日「相棒season15」、NHK「おひさま」、短編映画「ロクな人生」、舞台「わらいのまち」など。

img12

野村麻純(のむら ますみ)
img13

1990年鹿児島県生まれ。テレビ朝日「11人もいる!」、NHK「とと姉ちゃん」他、ドラマを中心に活躍。現在、読売テレビ・日本テレビ「脳にスマホが埋められた!」に出演中。

img14

■書籍情報
書名:「S1」「S2」「S3」(actress:清水葉月)300円
「HASHIMOTO MAMI IN」「HASHIMOTO MAMI YOU」「HASHIMOTO MAMI TONE」(actress:橋本真実)500円
「as is Nomura Masumi」「real Nomura Masumi」(actress:野村麻純)500円
※電子書店によって異なる場合あり
撮影:丸谷嘉長
主要販売電子書店:Kindleストア、iBooks、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto他、電子書籍を販売している主要書店
「文藝春秋 BOOKS」

毎月10万円は目の前!? ビジネスとして真剣に取り組むアフィリエイトの極意

毎月10万円は目の前!? ビジネスとして真剣に取り組むアフィリエイトの極意

img01
『まだやってなかった? 副収入が毎月10万円稼げるしくみ あなたの好きなことをブログに書くだけで稼げる!?』(小林雄樹/つた書房)

“副収入が毎月10万円稼げるしくみ”シリーズの第3弾『まだやってなかった? 副収入が毎月10万円稼げるしくみ あなたの好きなことをブログに書くだけで稼げる!?』は、アフィリエイトの中でもGoogleのアドセンスを使って、毎月10万円の副収入を得る秘訣を解説。実際に現役で稼ぎ続けている著者が具体的に、わかりやすく、丁寧に説明した1冊だ。

アフィリエイトというと、あまり儲からないという話をよく聞くが、アフィリエイトをビジネスとして真剣に捉え、同書に書いてあることをひとつひとつ丁寧に根気よくやっていけば、毎月10万円というのはけして無理な金額ではない。

副収入の方法として、すっかりメジャーになったアフィリエイトだが、実際に稼げている人は全体の5%程度。ビジネスとして真剣に捉えることで、時間配分やどこに手間を掛けるべきかといった工夫ができるようになり、時間の使い方も変わっていく。1日1時間だとしても、その1時間を効率良く使うために真剣に取り組むことができるようになれば、副収入毎月10万円はおのずと見えてくる。大切なのは“楽に稼げる”という妄想は捨て、真剣に取り組み続ける覚悟を持つだけ。

小林 雄樹
合同会社シームレス代表。1982年生まれ。光塩調理製菓専門学校卒業。調理師として働くが2005年にブログで稼ぐことのできるアフィリエイトを知り、独学でブログを開設。3カ月足らずで調理師時代の収入を超え、独立する。アフィリエイトブログの集客、収益化だけではなく、企業や個人店などのSNSからの集客、広告運用などの支援も行っている。さらに全国各地でセミナー、アフィリエイトの勉強会を開催、自身が運営するアフィリエイトスクールの受講者は延べ1,500名を超え、月収100万円を超える受講生も輩出している。

クリエイターが選んだ一押しの一冊! 「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2017」開催中

クリエイターが選んだ一押しの一冊! 「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2017」開催中

img01

青山ブックセンター本店では、人気の著者やクリエイターが選んだブックフェア「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2017」が、2017年8月4日(金)から9月末にかけて開催中。

様々なクリエイターが選んだ一押しの一冊
img02
「いい本をもっとたくさんの人に知ってもらいたい!」という趣旨のもと、2015年からスタートした同ブックフェア。今年は「この夏おすすめする一冊」をテーマに作家、編集者、翻訳家といった本に関わる方をはじめ、美術家、建築家、写真家、学芸員、女優といった様々なジャンルのクリエイターらが一押しの一冊を選書。選ばれた本は同店のメインフェアコーナーにて、著名人からのコメントと一緒に展開されている。

参加クリエイター(50音順)
青木淳(建築家)、阿部広太郎(コピーライター)、網中いづる(イラストレーター)、新井卓(写真家)、石川直樹(写真家)、石川善樹(イノベーションディレクター)、石黒亜矢子(絵本作家)、市橋織江(写真家)、いとうせいこう(作家)、犬山紙子(エッセイスト)、植本一子(写真家)、宇多丸(ライムスター)、梅佳代(写真家)、越前敏弥(翻訳家)、円城塔(作家)、遠藤拓人(イラストレーター)、大澤聡(批評家)、大島依提亜(アートディレクター・グラフィックデザイナー)、大橋裕之(漫画家)、大原大次郎(デザイナー)、岡本欣也(コピーライター)、沖潤子(刺繍アーティスト)、小倉ヒラク(発酵デザイナー)、小澤實(俳人)、落合陽一(メディアアーティスト)、温又柔(作家)、甲斐みのり(文筆家)、頭木弘樹(文学紹介者)、片岡義男(作家)、加藤俊朗(ヘルスケア・トレーナー)、金子靖(研究社編集者)、金原瑞人(翻訳家)、甲谷一(グラフィックデザイナー)、神藏美子(写真家)、川内倫子(写真家)、河内タカ(編集者)、木内達朗(イラストレーター)、菊池亜希子(女優)、岸政彦(社会学者)、木村俊介(インタビュアー)、工藤健志(青森県立美術館学芸主幹)、窪美澄(作家)、鴻巣友季子(翻訳家)、河野通和(ほぼ日の学校長・編集者)、甲野善紀(古武術家)、小橋めぐみ(女優)、小林章(書体デザイナー)、小林エリカ(作家)、小林せかい(未来食堂オーナー)、齋藤陽道(写真家)、最果タヒ(詩人)、酒井駒子(絵本作家)、坂口恭平(作家・アーティスト)、佐久間裕美子(ライター)、佐藤文香(俳人)、佐藤卓(グラフィックデザイナー)、佐藤良明(翻訳家)、三辺律子(翻訳家)、柴田元幸(翻訳家)、嶋浩一郎(クリエイティブディレクター)、島田潤一郎(夏葉社)、清水高志(哲学者)、庄野ナホコ(イラストレーター)、少年アヤ(文筆家)、白石一文(作家)、吹田良平(アーキネティクス代表取締役)、末井昭(作家)、菅付雅信(編集者)、菅原一剛(写真家)、高岡昌生(活版印刷組版者)、田川欣哉(デザインエンジニア)、武田砂鉄(ライター)、タナカカツキ(マンガ家)、たなかれいこ(「食のギャラリー612」代表)、田根剛(建築家)、都築響一(写真家)、tupera tupera 亀山達矢・中川敦子(絵本作家)、出口治明(実業家)、ドミニク・チェン(情報学研究者)、鳥海修(書体設計士)、中ザワヒデキ(美術家)、西崎憲(作家)、西澤明洋(ブランディングデザイナー)、ヒグチユウコ(画家)、日野原健司(太田記念美術館主席学芸員)、福嶋亮大(文芸評論家)、藤崎圭一郎(デザイン評論家)、保坂和志(作家)、保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)、星野智幸(作家)、ホンマタカシ(写真家)、前康輔(写真家)、前田司郎(劇作家)、町口覚(グラフィックデザイナー/パブリッシャー)、松家仁之(作家)、松田奈那子(画家・絵本作家)、松本卓也(精神医学者)、南沢奈央(女優)、三宅陽一郎(人工知能研究者)、森泉岳土(漫画家)、山口啓介(美術家)、山崎ナオコーラ(作家)、山崎亮(コミュニティーデザイナー)、山本貴光(文筆家・ゲーム作家)、吉川浩満(文筆家)、ヨシタケシンスケ(作家)、寄藤文平(グラフィックデザイナー)、渡邉格(パン屋タルマーリー)、渡辺浩章(鉄筆)

■「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2017」
開催期間:2017年8月4日(金)~2017年9月末(予定)
開催場所:青山ブックセンター本店
営業時間:10時~22時
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67 B2 コスモス青山ガーデンフロア B2F
ブックフェア詳細ホームページ

オトナのための次世代型マンガ喫茶「Hailey’5 Cafe(ハイリーファイブカフェ:通称、ハイリー)」2号店が渋谷にオープン

オトナのための次世代型マンガ喫茶「Hailey’5 Cafe(ハイリーファイブカフェ:通称、ハイリー)」2号店が渋谷にオープン

img01

18歳以上限定、オトナのための次世代型マンガ喫茶「Hailey’5 Cafe(ハイリーファイブカフェ:通称、ハイリー)」待望の2号店が、2017年8月3日(木)渋谷にオープンした。

「Hailey’5 Cafe渋谷」は渋谷駅から徒歩5分の立地に、仕事やソロ活、デートに女子会などあらゆるシーンをオリジナルにカスタマイズできる、新しいトレンドスポットとして誕生。1時間500円から利用でき、料金には室料やフリーWiFi、PC利用料だけでなく、ソフトドリンクの飲み放題も含まれている。

男性のイメージが強かった“マン喫”で「ハイリー」が女性にヒットした理由
●WEB即時予約
ホームページから部屋の空き状況が確認でき、カフェ難民には朗報の即時予約も可能。入退出もオートチェックイン&アウトでスマートに。
img02

●防音完全個室&オートロック
全室が防音付きの完全個室となっており、オートロックでセキュリティーも万全。人目を気にせず仕事の資料を広げたり、PC作業や電話連絡を行うこともできる。またも全室禁煙なのも好評な理由の1つ。
img03

●オシャレ空間&カフェメニュー
これまでの“マン喫”のイメージを覆すオシャレな内装や、季節ごとに変わるカフェメニューなど“普通にカフェとして使えるマン喫”として女性に大ヒット中。
img04

利用シーンは無限大! 完全防音個室だからできる自分流アレンジ
●仕事やソロ活に
おひとり様のあらゆるシーンに活用できるのが魅力。マンガやDVD鑑賞を楽しんだり、パソコンの利用や休憩はもちろん、飲み会前の着替えやメイク直しにも利用できる。また、完全防音なので仕事の電話も安心。
img05

●デートに
マンガ喫茶のイメージを覆すオシャレな店内とプラベート空間が、2人の距離をさらに近づける。家とは違った、“まったりデート”をカスタマイズするのが今のトレンド。

●女子会に
60種類以上の輸入お菓子やヘルシーなカフェメニュー、海外ビールやワインなど“家飲み”感覚で楽しめる。デパ地下グルメや手作りスイーツも持ち込みOKで、自分たちだけの女子会をプロデュースできちゃう。防音個室で秘密の話を語り合ったり、好きなアーティストの動画を見ながら気兼ねなく楽しむ女子が急増中。

img06
「紙をめくりながらじっくり堪能したい!」マンガ女子が増えています。―― 株式会社ソーエキサイト 西田将輝
若い女性のお客様でも、マンガを読むことを主目的にしている人は多いです。最近、「インスタントカメラ」や「ラジカセ」など昭和ノスタルジー的なモノや体験に興味を持つ若者が増えていると聞きますが、同様に「電子書籍ではなく、紙をめくりながらマンガを読みたい」という方が増えているように思います。確かに複雑な内容のマンガだったりすると、スマホやタブレットよりも紙のほうがばーっとめくって、さっと遡れたりしますし、物を持たないミニマリストが注目される今、自宅には紙のマンガは置かず、マンガ喫茶で楽しむ人も多いのではないでしょうか。

■Hailey’5 Cafe 渋谷(ハイリ―ファイブカフェ しぶや)
住所:東京都渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷1ビル7F
営業時間:24時間営業
定休日:無し
「Hailey’5 Cafe」ホームページ

「草刈正雄とプリキュア」「ゴリラパンチ」 斜め上の発想が話題の「パワーワード」って一体何?

「草刈正雄とプリキュア」「ゴリラパンチ」 斜め上の発想が話題の「パワーワード」って一体何?

最近ネットでよく目にする「パワーワード」という言葉。「インパクトがありすぎる言葉」という感じで使われることが多いが、改めてどんなものなのか考えてみよう。

どんなものがパワーワードなの?
パワーワードとして挙げられているものの多くは、「意外な組み合わせ」で成り立つ文が多い。例えば、『ノンストップ!』(フジテレビ系)で紹介された“自分に欠けているものを持つ人の発言を勝手に自慢だと思って激高する人”を指す「繊細チンピラ」も放送直後からパワーワード認定されていたし、『めざましテレビ』(フジテレビ系)で好きな物を聞かれた女の子が放った「草刈正雄とプリキュア」という一文も“異なるタイプの言葉を組み合わせる”パワーワードだ。

他にも、ポケモンGOのイベントで不備があり、イベント参加者にお詫びとして配布された伝説のポケモン・ルギアを指す「詫びルギア」という言葉も斜め上な発想でパワーワード認定。今年5月に起こった新幹線の放火事件で犯人の男が語った「岡山駅に着きそうだったから火をつけた」というセリフも意味不明すぎてパワーワードだと言われている。

一方で、ひたすらに力のみを追求したパワーワードが、ももいろクローバーZの「ゴリラパンチ」という曲の歌詞。タイトルからしてパワーワード感が漂っているが、冒頭の歌詞「ゴリラのパンチは凄い 怒りのパンチだゴリラパンチ」という一文には絶妙なIQの低さと力強さが漂う。最近だと松居一代さんの「バイアグラ100ml男」もインパクトが強すぎて、近年まれにみるパワーワードとされている。

パワーワードの起源とは?
徐々に定着しつつある「パワーワード」という言葉だが、その発祥はTwitter上で翻訳・連載されている「ニンジャスレイヤー」というサイバーパンク小説だという説が有力。ちなみに原作は90年代から続いているアメリカの小説だ。

2012年のツイートで「古のパワーワードであるニンジャスラング」という一節が登場していて、そこから「ヘッズ」と呼ばれるニンジャスレイヤーファンの間に浸透していったらしい。ちなみに、「古のパワーワードであるニンジャスラング」というのは登場人物の黄色のニンジャが怒鳴った「ダマラッシェー!」というセリフ。この言葉で凄まれた会社役員は、プライドを砕かれて失禁してしまった。

現在もTwitterなどで「パワーワード」と検索すると、どんどん新たなパワーワードが生み出されている。癖のある言葉ばかりなので、調べ始めると抜け出せないかも。

「空気なんか、読まなくていいじゃない。本を読もうよ。」出版協による初のブックフェス開催!

「空気なんか、読まなくていいじゃない。本を読もうよ。」出版協による初のブックフェス開催!

img01

人文・芸術の出版社84社が会員の出版協(日本出版者協議会)が、2017年9月9日(土)に「第0回 出版協ブックフェス」を開催する。

出版協は、これまで出版業界内の問題を巡る活動をしてきた。しかし今、自由な、批判的な、個性的な、表現・言論をしにくい空気が漂っている。だが、そうした空気をあえて読み飛ばして流行とは無縁に多様な表現を守って世に送り出し続けている出版社や、流行とは無縁にコツコツと次代に繋ぐ専門書を刊行している出版社は実は多い。

このような出版の多様性を広く知ってもらうため、「空気なんか、読まなくていいじゃない。本を読もうよ。」というキャッチコピーのもと「第0回 出版協ブックフェス」が開催されることとなった。参加出版社は30社。本の販売やトークイベントも行われる多様な出版物・出版社と出会える機会を見逃さないようにしよう。

<参加出版社(五十音順)>
あけび書房、凱風社、解放出版社、海鳴社、共和国、現代書館、現代人文社、合同出版、こぶし書房、コモンズ、彩流社、三一書房、三元社、自然食通信社、社会評論社、不知火書房、新宿書房、新泉社、知泉書館、筑波書房、南方新社、パイインターナショナル、晩成書房、批評社、ぺりかん社、本の泉社、木犀社、唯学書房、リベルタ出版、緑風出版

<トークイベント>
img02
「焼き肉を食べる前に。―絵本作家がお肉の職人たちを訪ねた―」11:00~12:00
講演:中川洋典(絵本作家 解放出版社「焼き肉を食べる前に。」著者)
私たちは毎日、お肉を食べている。ごく普通の営みだ。そのお肉を毎日、生きた牛や豚を捌いて作っている職人たちがいる。これもごく普通の仕事だ。でも「牛や豚を殺すなんて、かわいそう」という人が、毎日お肉を食べていることは、普通のことなんだろうか? 絵本作家が取材した、職人たちの仕事について語る。

「ハマザキカクの企画の立て方」13:00~14:00
img03
講演:ハマザキカク(パブリブ代表)
これまでになかった企画を次々と生み出す珍本プロデューサー、ハマザキカク。日々のネタはどこから探し出すのか、ネタの実現化にどのようなコネづくりをしているのか。業界人必聴。

「激動の書店流通時代 ―アマゾン・書店の今―」16:00~17:00
講演:鎌垣英人(大阪屋栗田 執行役員)
読者の求める多様な本は、どのように早く、確実に届けられるのか? アマゾン「バックオーダー発注停止」を引き金に、「在庫ステータス」や「リードタイム」といった業界の長年の問題が図らずも明るみになった。
・「バックオーダー発注停止」から2か月。流通に変化はあったのか?
・出版人が今こそ知っておくべき、流通のリテラシーとは?
・このような激動の時代にも工夫をしている書店とは?
書店流通の最前線を語る。

■「第0回 出版協ブックフェス」
開催日時:2017年9月9日(土)(10:00~19:00)
開催場所:在日本韓国YMCA アジア青少年センター YMCA Hotel 9階 国際ホール
住所:東京都千代田区猿楽町2-5-5(JR水道橋駅から徒歩5分、JR御茶ノ水駅から徒歩8分、地下鉄神保町駅から徒歩7分)
主催:出版協(一般社団法人・日本出版者協議会)
入場無料・予約不要

動画広告は「ソーシャルメディア」に出すべき!? 動画広告ユーザー調査結果発表

動画広告は「ソーシャルメディア」に出すべき!? 動画広告ユーザー調査結果発表

株式会社マクロミルと株式会社デジタルインファクトが共同で「動画広告のユーザー動向に関するアンケート調査」を実施し、結果を発表した。

動画コンテンツを視聴するサービスは「YouTube」が圧倒的な結果に!
img01

ユーザーが普段無料で動画コンテンツを視聴するサービスは「YouTube」が97.8%で圧倒的な1位に。2位は「ニコニコ動画」の27.8%。3位以降は「Facebook」の21.1%、4位「LINE」20.3%、5位「Twitter」17.7%など、ソーシャルメディアで見ている人も多いことがわかった。

最も覚えているのはソーシャルメディアの動画広告?
img02

ユーザーが目にする動画広告のうち、その内容を覚えているのは「ソーシャルメディアのタイムライン上に表示される動画広告」が最も多く、全体の20.2%。これに「無料動画サイトの動画コンテンツの前や途中に表示される動画広告」の18.6%が続いた。

動画広告を見て不快に思った経験があるのは全体の約6割
img03

動画コンテンツ視聴ユーザーのうち、動画広告を見て不快に思った経験があるのは全体の約6割に達する結果に。ユーザーが動画広告を視聴するデバイス別では、不快に思った経験がある割合が最も多いのが「スマートフォン」で、最も少ないのは「スマートテレビ」だったことも判明している。
img04

YouTubeの“広告を非表示”に「お金を支払ってもよい」との回答は全体の17.9%に
img05

最も多く視聴されている無料動画サービス「YouTube」上で、動画広告を非表示にする機能があった場合「お金を支払ってもよい」と回答した割合は全体で17.9%。これは、「ニコニコ動画」、「GYAO!」、「AbemaTV」、「Facebook」、「Twitter」、「LINE」などと比べて最も多い割合であった。

■調査概要
調査対象:国内動画コンテンツ視聴ユーザー536人(2カ月に一回以上動画コンテンツを視聴するユーザー。動画コンテンツを最も視聴している端末が、パソコン、タブレット、スマートフォン、スマートテレビであるユーザーを134名ずつ恣意的に均等割り付けで収集し、その合計を調査母数として設定)
調査方法:Webアンケート調査
調査期間:2017年6月